【注文住宅】住んでから多数判明!!我が家の後悔ポイントたち

家づくりまとめアイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

我が家の後悔ポイントをまとめていたら、結構出てきてびっくりしています。

この記事は次のような方におススメ

・注文住宅の仕様を検討している方

・注文住宅の色々な後悔や失敗の情報を集めている方

今の一戸建てに住み始めて、4年が経ちました。

建てる前は入念に、失敗の無いように計画していましたが、やっぱり見落としてしまうことは出てきます。

そして、失敗の多くは建てた後にはどうしようもないことばかりなのが厄介なんです。

後悔の無い家づくりをするには、他の人の後悔したところや失敗談が非常に役に立ちます。

そこで、今回は住んでから判明した我が家の後悔ポイントたちをご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

我が家の後悔ポイントたち

注文住宅を建て、4年ほど住んでいますが今のところの以下の点を後悔しています。

  • トイレ
  • お風呂
  • コンセント
  • 造作家具
  • 外壁
  • 照明計画
  • 窓まわり

以下に簡単に説明していきます。

後悔ポイント①トイレ

トイレ全景

トイレは狭い空間でそこまで選択肢がないのですが、細かい点でやはりいくつか出てきました。

トイレの後悔ポイント
・目地のあるクッションフロアにしたら汚れが結構目立つし、掃除しにくい!!

・収納が足りない!トイレもしっかり収納計画が必要

・2階に別で手洗い水栓を付けておけばよかった!

トイレは結構住んでみないと想像できない点も多いなと思いました。

細かい点ですが、日常生活を送る中で微妙に不便を感じたりするので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

我が家のトイレの後悔に関して詳しくは、
この「【トイレ編】住んでみて後悔!注文住宅で気を付けるべきポイント」も是非ご覧ください。

後悔ポイント②お風呂

毎日の疲れを癒してくれるお風呂でもやらかしてしまいました。

以下お風呂の後悔ポイントです。

お風呂の後悔ポイント
・浴槽が窮屈!ベンチタイプにしなければよかった

・風呂ふたは3点式にしておけばよかった

・後付けアイテムでどうにでもなるので、無理にオプションを付ける必要がなかった

浴槽をベンチタイプにしてしまい、窮屈さを感じてくつろぎきれないのが一番の後悔です。

節水効果に惹かれて選択してしてしまいましたが、安易な考えでした。

我が家のお風呂の後悔に関して詳しくは、
この「【お風呂編】住んでみて後悔!注文住宅で気を付けるべきポイント」も是非ご覧ください。

後悔ポイント③コンセント

コンセント

多くの後悔者を出すコンセント配置もやはり後悔しています。

ざっくりまとめると以下の通りです。

コンセントの後悔ポイント
・リビングで電源が足りない!もっと付ければ良かった

・パントリーが暗い!コンセントがあれば照らせたのに・・・

・玄関収納にもコンセントがあれば、いろんなものを充電できたのに・・・

見落としがちなのが、収納棚などへの配線です。

今は色々な家電がバッテリーで動くので充電が必要な場面が多くあります。

収納棚内にコンセントがあると充電スタンドを隠すことができるので重宝します。

コンセントの後悔しない計画は本当に難しいですが、住みやすさにかなり影響を及ぼすので、ぜひ慎重に考えていただきたいです。

我が家のコンセントの後悔に関して詳しくは、
この「【コンセント編】住んでみて後悔!注文住宅で気を付けるべきポイント」も是非ご覧ください。

後悔ポイント④造作家具

パソコンカウンター

オシャレな家づくりの強い味方が造作家具ですが、そこには多くの罠が潜んでいました。

造作家具に関しては、以下の後悔があります。

造作家具の後悔ポイント
・パソコン用カウンターサイズを間違えて不便!造作家具なので取り替えられない!!

・モデルルームに憧れて作った小上がりの段差が意外と邪魔

・大きな収納棚を作ったのに、奥行がありすぎてムダが多い

造作家具は付けたら変更、交換が難しいので、将来までずっと使うかを慎重に考えて導入を検討してください。

オシャレさだけで取り入れようとすると、後悔することになるかもしれませんのでご注意ください。

我が家の造作家具の後悔に関して詳しくは、
この「【造作家具編】住んでみて後悔!注文住宅で気を付けるべきポイント」も是非ご覧ください。

後悔ポイント⑤外壁

外壁外観

家の外観のオシャレさに直結する外壁ですが、ここでも後悔するポイントはありました。

外壁の後悔ポイント
・小さいサンプルでしか外壁を選べず、実際のイメージと異なった

・近隣の外壁の色に影響されて外壁色の選択の幅を狭めてしまった

・タイル外壁にしたが、穴あけ工事は追加料金が結構かかる

我が家の外壁はよくあるサイディングではなく、タイル外壁にしました。

サイディングからタイルに変更するために追加で100万円ほど掛かりましたが、それでも建ってみるとイメージが違ったりして、妻は特に後悔していました。

我が家の外壁の後悔に関して詳しくは、
この「【外壁編】住んでみて後悔!注文住宅で気を付けるべきポイント」も是非ご覧ください。

後悔ポイント⑥照明計画

インテリアをオシャレにしてくれる照明も後悔ポイントが沢山ありました。

図面上では完璧と思ってもいざ住んでみるとイメージと違う、使いづらいといった点が出てきます。

照明こそ住んでみないと分からない点が多いので、後悔しない計画が難しいです。

照明計画の後悔ポイント
・キッチンのシーリングライトが圧迫感がありすぎ!ダウンライトにすればよかった

・キッチンの手元ライトが付けたけど全く使ってない

・パントリーに照明が無くて暗い!

・廊下のセンサーライトのセンサーが1年で壊れた!!

・駐車場のライトを電池式にしたが、電池交換がめんどくさくて使い物にならなくなった

特にキッチンのシーリングライトがめちゃくちゃダサい感じがして、後悔が強いです。

商品画像だけで判断してしまったのが失敗でした。

また、パントリーも想像以上に暗く、使いづらいものになってしまいました。

我が家の照明計画の後悔に関して詳しくは、
この「【照明編】住んでみて後悔!注文住宅で気を付けるべきポイント」も是非ご覧ください。

後悔ポイント⑦窓まわり

窓はデザインだけでなく、採光、断熱、プライバシーの保護など様々な役割を担っています。

しかし家づくりの計画中には、私は窓をかなりないがしろにしていました。

その結果、住んでからやはり窓は大事だということを痛感し、色々と後悔することになります。

窓まわりの後悔ポイント
・お隣さんから丸見えになるので、カーテンが開けられない!!

・ブラインドを付けた窓が常に閉めっぱなしなので、そもそも窓がいらなかった

・シャッターくらい付けておけばよかった

・南側からの差し込む光が想像以上に強い!!

特に近隣とのプライバシーの確保に苦労しています。

近隣の状況が家を計画している時点で分かる場合は、ぜひ周囲の状況も加味して検討されることをお勧めします。

我が家の照明計画の後悔に関して詳しくは、
この「【窓まわり編】住んでみて後悔!注文住宅で気を付けるべきポイント」も是非ご覧ください。

後悔しない家づくりの為に

後悔しない家づくりをするためには、様々な情報が必要不可欠です。

私がオススメするのは、家づくりをしてきた方のブログを読み漁ることです。

家づくりに様々なパターンがあり、そのパターンに則した細かい情報がそれぞれ載っていて、本当に参考になります。

また、私の様に後悔ポイントをお伝えしているブログもたくさんありますので、同じ失敗をしない助けとなります。

kazunari
kazunari

あまり読みすぎるとちょっと憂鬱になることもあるので、ほどほどに。

まとめ

本記事では私の様々な家づくりの後悔ポイントをまとめました。

完璧な家づくりはおそらく無理だと思います。

どこかしらで後悔はしてしまうと思いますが、努力によってその後悔は最小限にすることは十分できると考えています。

私のこの後悔たちが、他の方の後悔を減らす一助になれば幸いです。

今回はここまでにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました