【元化粧品開発者視点】使うべきスキンケアアイテムの優先度お伝えします。

eyecatch_skincare_rank
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

皆さんスキンケアしてますか?

この記事は次のような方におススメ
・種類が多くて何を使ったらいいか分からない方
・スキンケアをどうやっていいか分からない方

スキンケア化粧品は化粧水、乳液、クリーム、美容液など種類が様々あって、スキンケアに興味があっても、していない方は「何をしたらいいか分からない!」と悩まれているのではないのでしょうか。

今回は数あるスキンケア化粧品から、何を優先的に使うべきかと、そのおすすめアイテムをお伝えします。

スポンサーリンク

使うべきアイテムの優先順位

cosmetic-products

私は以下の優先順位でアイテムを増やしていくべきだと思います。

  1. 乳液
  2. クリーム
  3. マッサージクリーム
  4. ビタミンCを主剤とする医薬部外品
  5. 日焼け止め

理由についてそれぞれお伝えしていきますね。

1位 乳液

以下の記事でもお伝えしましたが、全くスキンケアをしていない方は、まず乳液から使うことをオススメします。

【簡単にできる!】スキンケアを何もしてない人はまずは○○を塗れ!
普段スキンケアをあまりやらない方へ向けて、元化粧品開発者が簡単に始められるスキンケア方法をお伝えします。普段なかなかスキンケアをしない方でも、なるべく簡単にできて、習慣づけしやすい方法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

うるおいを与える水溶性の保湿剤と、水分蒸散を防ぐ油剤が入っていて、一品でそこそこスキンケアの必要な要素を満たしてくれます。

kazunari
kazunari

洗顔や入浴直後の肌の水分量が高いうちに、素早く、たっぷりと使いましょう。

2位 クリーム

次いで、使っていただきたいのはクリームです。

クリームは乳液と比べて、油分量や構成している油剤の固形分が多く、よりしっかりと水分蒸散を防いでくれます。

秋から冬にかけては、乾燥しやすくなり、乳液の油分だけでは保湿が物足りなくなります。

乳液でのスキンケア習慣が定着してきたら、次はクリームの導入を考えてみてはいかがでしょうか。

kazunari
kazunari

クリームのべたつきが気になるという方は目もと回りだけ、など部分使いから始めるのもいいです。

3位 マッサージクリーム

3位は意外なアイテムです。マッサージクリームとは、名前の通りマッサージをするときに使う、クリームです。マッサージは指を肌の上で滑らすように行いますが、マッサージクリームはなめらかな指滑りと、適度に肌をとらえる助けをしてくれます。

マッサージオイルもあるのですが、オイル剤型は垂れやすいので、クリームの方が私は使いやすくていいかなと思います。

なぜマッサージクリームを上位にしたかというと、スキンケアの中でマッサージは効果が高いためです。

マッサージは血行を促進し、ターンオーバーを正常化します。
ただ、一番の理由はやると効果がすぐ感じられます。顔のラインが引き締まり、印象が変わります。

ただ、めんどくさいんです。なかなか、毎日やろうとは思えないんですよね。私も一時期しっかりやっていたのですが、最近はめっきりやらなくなってしまいました。

ですが、効果はしっかりと出るので、効果を追い求めて乳液やクリームを下手にグレードアップするくらいなら、マッサージをしっかりとやる方が、ずっと効果が期待できます。

マッサージのやり方は、資生堂のワタシプラスHPに分かりやすく載っていますので、参考にしてみてください。

4位 ビタミンCを主剤とする医薬部外品

医薬部外品は厚生労働大臣によって製造販売が承認されたもので、化粧品とは扱いが異なります。

こちらに化粧品と医薬部外品の違いについてまとめています。

【元化粧品開発者が解説】化粧品と医薬部外品の違いとは?
化粧品と医薬部外品の違い、知っていますか?実は結構違うのに、その違いを知らずに使っていませんか?二つの違いについて簡単にまとめてみましたので、今後の化粧品選びの参考にしてみてください。

そして、医薬部外品の主剤は、(美白や肌荒れを防ぐといった)効果を出すための配合原料で、しっかりと決められた量が配合されています

なのでビタミンCが主剤となっている医薬部外品には、しっかりと効果が出る量のビタミンCが配合されていることになります。ビタミンC自体が不安定な物質なので、誘導体化することで安定に配合されていることが多いです。

そして、ビタミンCは肌に様々な良い効果をもたらします。ビタミンCの医薬部外品には、「シミを防ぐ」といった効果が標榜されていても、それ以外にもコラーゲンの生成を助けたり、炎症を抑えてくれたりとオールマイティに活躍してくれます。

なので、何かスキンケアアイテムを追加したいなと思ったら、とりあえずビタミンCの医薬部外品を選んでみることをオススメします。

注意していただきたいのは、パッケージにはビタミンCとは書いてないことが多いです。「L-アスコルビン酸 2-グルコシド」の様にビタミンCの別名アスコルビン酸と書かれていますので、アスコルビン酸の表記を探してみてください。

あと、有効成分として入っているものを選んでください。その他成分として入っているものは、原料や化粧品自体の酸化を抑えるために微量入っているだけの可能性があります。

5位 日焼け止め

5位は日焼け止めです。紫外線はお肌の大敵です。

肌トラブルの基になる酸化した皮脂を生成させたり、肌のコラーゲンを分解させたり、シミの原因になったり等、悪いことばかりします。

普段からの紫外線の曝露量で歳を重ねたときの肌状態が大きく変わります。

可能であれば、毎日日焼け止め成分が入ったスキンケア製品を使うことをオススメします。

と、言っておきながら、私は毎日はできていません。。。
紫外線散乱剤や紫外線吸収剤による日焼け止め特有のべたつきがどうしても嫌なんです。なので、ゴルフするとき等、外に長時間いるときだけ塗っています。

kazunari
kazunari

皆さんも可能な限り塗りましょう(おまいう)。

各アイテムのオススメを選んでみた

recommendation

これまた私の独断と偏見で、オススメのスキンケアアイテムを選んでみました。

私は特にコスパ重視で選んでいます。なるべくお金をかけずに効果が欲しいですよね。

選定方法についてはこちらの記事にもまとめてあるので興味がある方はご覧下さい。

全成分表示からスキンケア化粧品を選ぶ方法お伝えします。
元化粧品開発者が安くていい化粧品を選ぶコツをお伝えします。化粧品には全成分表示があるので、そのルールを解説し、そこからどのような点に気を付けて化粧品を選べばいいかをまとめてみました。

オススメの乳液

乳液のおすすめは、他の記事でお伝えした通り二つあります。

ハトムギ 保湿乳液はスキンケアするのに必要最低限ですが、十分な成分が配合されていて、高コスパです。

純米乳液 しっとり乳液はハトムギと同じく高コスパですが、ホホバオイルやグリコシルトレハロースを配合している等、ハトムギよりワンランク上の商品だなという印象です。さっぱりタイプもありますが、うるおいに重要なグリセリンが少なく、油も軽く、水分蒸散効果が低いので、単品での使用はおススメしません。

どちらもポンプ容器なのも、いいです。毎回一定量を使うことができて、よりスキンケアを簡単にしてくれます。

オススメのクリーム

クリームも二つほど挙げてみます。

ニベアクリームは定番中の定番です。全成分表示を見ても大したものは入っていませんが、水分蒸散を防ぐ目的でならば十分です。香りが独特なので、ちょっと好き嫌いが分かれるかもしれません。購入前に店頭のテスターで確認しておきましょう。

もう一つのワセリンHGは、すいません、クリームではなく、バームです。クリーム等に使われる原料のワセリンそのものです。肌からの水分蒸散を抑えるなら、これでも十分です。
ただ、油をそのまま塗ることになるので、べたつきは少し気になるかもしれません。

オススメのマッサージクリーム

マッサージクリームは正直、値段重視でいいと思います。洗い流すものなので、有効成分がどうのこうのとかはあまり気にする必要ありません。

ちふれ マッサージクリームNは成分の配合量が公開されているので、見てみると、油分量は50%を超えていて、しっかりとマッサージクリームとしての役割を果たします。界面活性剤が若干多い気もしますが、洗い流す製品なので、そこまで気にしなくてもいいと思います。

オススメのビタミンCを主剤とする医薬部外品

ビタミンCを主剤とする部外品はメラノCCシリーズがコスパ高いです。

特に保湿クリームと美白ジェルは、トコフェロール誘導体(ビタミンE)も主剤として配合されているため、より効果が期待できます。

それでいてこの値段はすごいなと正直感心します

オススメの日焼け止め

日常使いとして、日焼け止めを選ぶのであれば紫外線防御能(SPFやPA)はそこまで高い必要はないと思います。無駄に防御能の高いものを選ぶと、刺激が強めな紫外線吸収剤を多量に肌に塗ることになりかねないので、おすすめしません。

こちらはSPF30,PA++で、日常使用であれば十分な防御能だと思います。紫外線吸収剤が入っていないのもポイント高いです。

まとめ

今回はスキンケア化粧品の優先順位と各アイテムのおすすめを紹介しました。

色々と書きましたが、結局は皆さんの肌に合う合わないがあるので、絶対に同じようにする必要は全くありません。

むしろ化粧品は嗜好品に近いものでもあるので、自分の好みを優先して、使うこと自体を楽しんでいただきたいです。

この記事で少しでも皆さんがスキンケアに興味を持っていただけると幸いです。

今回はこのあたりで終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました