【4年使用レビュー】玄関ドアをタッチキーにしたら想像を超える便利さだった

玄関ドアアイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

今回はリクシルのタッチキーについてレビューしたいと思います。

この記事は次のような方におススメ

・玄関ドアの電気施錠に興味がある方

・リクシルのタッチキーの使い心地が知りたい方

・家づくり中で設備オプションを検討されてる方

皆さんは普段外出するときや帰宅したときに、鞄から鍵を探すのに苦労することありませんか?

手が塞がっていて鍵の開け閉めに苦労したことはありませんか?

リクシルのタッチキーはそういった鍵に関する煩わしさを解消してくれるものでした。

非常におすすめのオプションですので、ぜひその魅力をこの記事で感じていただきたいと思います。

我が家のおすすめ住宅設備オプションに関して詳しくは、
この「4年住んで実感!導入して良かった住宅設備や追加オプションたち」も是非ご覧ください。

タッチキーとは

lixil-touch-key

引用元:LIXIL HP

タッチキーはリクシルの電動施錠できる玄関ドアの商品名です。

モコンを持っていれば、ボタンを押すだけで、解錠、施錠が出来るのが主な特徴です。

ドアの取っ手部分にに最初から付いているものなので、新築やリフォーム時にタッチキー用のドアを取り付ける必要があります。

リモコンを所持して操作することが一般的な使い方ですが、普通のシリンダー鍵で開けることもできます。

私が導入したタイプ以外にもいくつかカードやスマホを使うものなどいくつかありますので、リクシルのHPで他にも興味のある方は参照してみて下さい。

タッチキーで出来ること

ボタンを押すだけで解錠、施錠ができる

最もメインとなる機能です。

リモコンを持っていれば、ワンタッチで解錠、施錠ができるので、鍵を出す必要が一切なくなります。

リモコンで離れた場所から解錠、施錠ができる

リモコンにボタンが付いていて、一定の範囲内で遠隔で解錠、施錠ができます。

オートロック設定ができる

ドアが閉まると自動で施錠される設定もできます。

kazunari
kazunari

防犯面ではかなり安心ですが、締め出しの危険性大なので私は使っていません。

タッチキーの有効範囲を変えられる

タッチキーは一定の範囲内にリモコンの存在を感知することで、解錠、施錠を行います。この範囲を変えることで、ドアから少し離れた室内にリモコンを置いていてもワンタッチで施錠したりできるようになります。

タッチキーの仕様

室外側の構成

我が家のタッチキーです。

シンプルでスタイリッシュなデザインで結構気に入っています。

真ん中少し上の四角いボタンを押すことで解錠、施錠を行います。

ボタンの上に小さなLEDランプが付いていて、緑色と赤色に点灯することで、解錠、施錠の状態を伝えてくれます。

touch-key

また、上部と下部のカバーを外すことで、シリンダー錠を利用することが出来ます。

リモコンの紛失や電池切れ等、もしもの時にも対応できるようになっています。

もしもの時用だと思うので、毎回フツーの鍵使用はカバー外すのが面倒くさいのでナシだと思います。

cylinder-key

室内側の構成

室内側にもボタンが付きます。

また、カバーを外すと、自動施錠やタッチキーの範囲、リモコンキーの追加等の設定が出来るコントロールパネルがあります。

innner-button
control -pannel

リモコンの仕様

リモコンはかなりコンパクトです。

比較で100円玉を並べてみました。

リモコンのボタンを押すことで、離れたところから解錠、施錠ができます。

リモコンは追加することもできます。

最初はリモコンは2つ付いてきましたが、私と妻がそれぞれ持つものとは別に共用に欲しくて追加しました。

定価だとそこそこしますが、Amazon等では結構ディスカウントされているのでそちらでの購入がいいかと思います。

価格

家を建てるハウスメーカーや工務店によると思いますが、私の場合、プラス70,000円かかりました。

タッチキーを使った感想

実際に使ってみて、良かった点、微妙だった点をまとめました。

良かった点

鍵を取り出す必要がないことの快適さ

家の出入り時に鍵を取り出す必要が無くなり、本当に便利だなと感じています。

急いでいる時に、慌てて鍵を探すためにカバンの中を漁る必要もありません。

また、荷物を持っていたり、子供をだっこしたりして、手がふさがっていても簡単に解錠できます。

さらに、ちょっとだけ外に出る時なども普通の鍵だと出すのが面倒くさくなり、施錠せずに出てしまいそうな場面でも、タッチキーならワンタッチで施錠できるので、防犯面も向上すると思います。

書いてしまうとこれくらいのことなのですが、家の出入りを毎日行っていると、この少しの楽さの積み重ねがふと振り返った時に、すごい恩恵を感じます。

kazunari
kazunari

一度この便利さを感じてしまうと、普通の鍵の生活に戻れないと思っちゃいますよ。

電池式で停電時も安心できる

ドアノブ側、リモコン側どちらも電池式なので停電時でも家に入れなくなることはないので、もしもの時も安心です。

単純にカッコいい

見た目もカッコいいなと思いますし、電子錠が付いている事自体が未来的でちょっとした我が家の自慢ポイントになります。

微妙な点

室外側と室内側のセンサーが分かれていない

室内にリモコンを置いていて、タッチキーの範囲に入っていると、室外側からボタンを押しても反応してしまいます。

なので、玄関先にリモコンを置いておいて、室内側のタッチキーを操作できるようにしようとすると、外側からも解錠されてしまいます。

電池交換がちょっとめんどくさい

電池稼働はメリットでもありますが、電池交換が必ず必要になります。

感覚的に6か月に1度くらいの頻度で交換していると思います。

ドライバーで電池ボックスを開け、単三電池8本必要になります。

ちょっとめんどくさいです。

ただし、リモコン側はもっと持ちます。4年くらい使っていますが、交換したのはまだ1度だけです。

後付けで電気錠にする方法

我が家のタッチキーはドアに電気錠が元から付いているもので、後付けできるものではありません。

しかし、現在、電気錠でないご家庭の玄関も後付けで電気錠化することが可能な製品はあります。

それが、LIXILから発売されている「後付けオートロックES」です。

後付けオートロック

引用元:LIXIL HP

こちらを使えば、後付けで電気錠にすることができ、リモコンでの施錠操作が可能となります。

また、電池駆動なので、電源の心配もありませんので、手軽に導入しやすいと思います。

電気錠は非常にラクなので、ぜひ導入を検討されてはいかがでしょうか。

以下のリンクから詳細が確認できますので、ぜひご覧ください。

戸建てに最適、カンタン後付け電気錠【後付けオートロックES】

まとめ

家を建てる時に一緒にタッチキーを導入し、4年ほど経ちましたが、便利すぎて普通の鍵の生活には戻りたくないなと思っています。

導入費用は安くありませんが、長く使うものなので感覚的にはすぐに効果が費用を上回ると思います。

非常におすすめですので、これから家を建てようと考えている方等はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

今回はこのあたりで終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました