【イヤホンレビュー】ソニーのノイズキャンセリング技術は最強だと思った話

eyecatch-earpiece
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

ノイズキャンセリング機能って使ったことありますか?

今回はソニーのネックバンド型のワイヤレスイヤホンWI-1000XM2を使ってみた感想をまとめてみました。

本機は業界最高レベルのノイズキャンセリング機能を搭載しているのが最大の特徴で、その性能が素晴らしかったので布教のため記事にしてみました。

ちなみにノイズキャンセリング機能にはいくつか種類があり、本機に搭載されているのはアクティブノイズキャンセリングです。

外の音を取り込み、その波形と逆の波形を出すことで騒音を打ち消すので、ちゃんと騒音を低減してくれます。

Amazonなどで売られている格安イヤホンで謳っているノイズキャンセリングはCVCという種類で、通話時に相手側に雑音が入らないようにする機能なので、騒音をかき消す機能とは全くの別物です。

kazunari
kazunari

あたかもアクティブノイズキャンセリングの様な機能であるかのように書いてあったりするので、だまされないように注意してください。

安価なものにアクティブノイズキャンセリングは搭載されません。

この記事は次のような方におススメ
・ノイズキャンセリング未経験の方
・とにかく良いノイズキャンセリング機能が欲しい方
・ネックバンド型イヤホンに興味がある方
スポンサーリンク

WI-1000XM2について

外観、内容物

ネックバンドタイプのイヤホンで、首にかかる部分はシリコンで出来ていて、非常に柔軟性が高いです。

左耳側のイヤホンの途中にリモコン兼マイクが付いています。

イヤホンにはマグネットが埋め込まれていて、写真のようにくっつけることもできます。

cable
cable-and-adapter

3.5mmステレオミニケーブルが付属しているので、有線接続も可能です。

さらに、航空機用プラグアダプターも付属しているので、飛行機内でも使用できます。

騒音が大きい飛行機内では大活躍間違いなしです。

case
arrangement

結構しっかりとしたつくりの専用ケースも付属していて、小さく丸めて収納することが出来ます。

WI-1000XM2 の特徴

業界最高クラスのノイズキャンセリング

本機最大の特徴がなんといってもノイズキャンセリングです。

ソニーのヘッドフォンに搭載されている「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」をこのネックバンドスタイルにも搭載。

これによって、業界最高峰のノイズキャンセリング能力を発揮します。

DSEE HX搭載によって圧縮音源をハイレゾ級に

MP3などの圧縮音源の高音域を補完することで、より高音質な楽曲を楽しめます。

10時間のバッテリー駆動時間

ノイズキャンセリング使用時でも最大10時間の音楽再生が可能です。

また、10分の充電で80分再生が可能なクイック充電にも対応しています。

音声アシスト機能対応

スマホのGoogleアシスタントやAmazon Alexaと連動させて、イヤホンからスマホに指示を出すことが出来ます。

専用アプリとの連携

詳細は後述しますが、スマホアプリ「Headphones Connect」で、外音の取り込み具合の調整やイコライザー設定等細かな設定が可能となっています。

専用アプリ「Headphones Connect」

いくつかメインとなる機能をまとめてみました。

アダプティブサウンドコントロール

使用者の行動を検出して、止まっている/歩いている/走っている/乗り物に乗っているの4パターンのいずれかの設定に自動的に切り替えます。

その時々で、最適な外音の取り込み方を調節してくれます。

外音コントロール設定

voice-controller

ノイズキャンセリング使用時の外からの音の取り込み具合を20段階で設定できます。

イコライザー機能

equalizer

Bright/Excited/Mellow/Relaxed/Vocal/Treble Boost/Bass Boost/Speechの8種類のプリセットがあります。

そこから選択してもいいですし、自分でカスタマイズすることもできます。

スライダーで好みの音域を上げ下げできます。

使ってみた感想

ノイズキャンセリングがとにかくすごい

私は初めてノイズキャンセリング機能を使ったのですが、想像以上に雑音をカットできます

電源を入れた瞬間、ふっと周囲の音が消えます。業界最高クラスは伊達ではないです。

kazunari
kazunari

あまりにノイズキャンセリング機能が強いので、街中で使っていると周囲の状況が分かりにくくなり、危ないです。それくらいすごいです。

この機能が一番役に立っているのが通勤時間です。

通勤電車の中でタブレットでテレビやサブスク動画を観る時にイヤホンを使いますが、電車って意外と騒音が大きくてイヤホンだと結構音量を大きくしないとうまく聞き取れなかったりします。

でも音量を上げると周囲の迷惑にもなりかねないので、結構気を遣います。

WI-1000XM2のノイズキャンセリングがあれば、騒音がなくなり、必要最低限の音量で周囲に気を遣わずに動画を楽しむことができます。

動画に集中でき、気が付くと目的地に着いていたりします。

これは体感しないとお伝え出来ない感覚だと思います。

是非一度ソニーストア等、実店舗で体験してみてください。

ソニーショールーム/ソニーストア 店舗のご案内

また、通話中に録画したテレビを見ることに興味がある方は、こちらもご覧ください。

パナソニックのレコーダー ディーガとそのスマホアプリについてまとめています。

【レビュー】全自動ディーガ(DMR-2X200)のスマホ連携と全録でテレビが何倍も楽しくなる!
パナソニックレコーダー全自動ディーガ(DMR-2X200)をレビューしました。指定のチャンネルを全時間録画するチャンネル録画機能と、スマホアプリ「どこでもディーガ」と連携することで録画番組を持ち出せる機能が特に素晴らしく、テレビを何倍も楽しめるようになる機種でした。
どこでもディーガとは?スマホ連携でテレビが3倍楽しめるようになった話
最近のレコーダーはスマホを使って外出先でもテレビや録画番組が見られるって知ってますか?それが当たり前になってきています。そこで、今回パナソニックのディーガとスマホを連携させるアプリ「どこでもディーガ」について、特徴や使ってみた感想を記事にしてみました。

着け心地が楽

ネックバンド型イヤホンは初めて使用しましたが、意外と使いやすいです。

本体自体に重みを感じず、さらにネックバンドがシリコンで出来ていているため、適度にフィットし、首からぶら下げていても全然違和感ありません。

完全ワイヤレス型ではないので、イヤーピースを紛失する恐れがないのも私はメリットかなと思っています。

音質はいい気がする

音質に関しては、色々と良い事が書かれていますが、いい気がするなあというレベルです。

ハイレゾ級に音を補正してくれるDSEE HXも搭載されていますが、ありなしの違いはよく分かりませんでした。

音の好みは嗜好性が高いと思うので、こだわられる方はちゃんと購入前にチェックした方がいいですね。

コントローラーの曲送りは若干不便

ボタンが三つ並んでいるうちの真ん中で曲の送りや戻りを行います。

次の曲の頭出し:すばやく2回押す。
前の曲の頭出し:すばやく3回押す。

このボタンは一回押すと、再生、停止を行うので、連続で押すときに適切な速さで押さないと、ただ、再生、停止をするだけになったりして、時々イラっとします

head-set-controller

専用アプリはおまけ

「Headphones Connect」と連動させて色々とできるかなと思っていましたが、おまけ程度だなという印象です。

イコライザーで自分の好みを細かく設定できるのは、自分専用にカスタマイズできる感じが気に入っています。

ただ、アダプティブサウンドコントロール機能で、行動に合わせた最適なノイズキャンセリングを提供してくれますが、そこまでありがたみを感じません。

特に必要性を感じないので、オフ設定にしています。

せっかくアプリで細かく設定できるので、コントローラーの機能の割り当てを変えたり等もっといろいろできるようにしてくれたら良かったなと思います。

kazunari
kazunari

痒い所に手が届きそうで届きません。

まとめ

今回は最強のノイズキャンセリング機能を持ったWI-1000XM2についてまとめてみました。

多少の不満点はありますが、ノイズキャンセリングの機能が素晴らしすぎるので、全く問題なしです。

お値段はそこそこしますが、この性能ならば十分納得できるものとなっています。

少しでも興味を持たれた方は、是非一度実店舗で体感してみてください。

今回はこの辺りで終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました