【Victor JVC SP-A900-B 】ワイヤレス テレビスピーカーが意外と生活の質を変えてくれた話。

eyecatch_speaker
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

今回はあまり注目されないけど、使ってみると意外と良かったガジェットを紹介したいと思います。

この記事は次のような方におススメ
・テレビの音が聞き取りにくい方
・家事をしながらテレビも楽しみたい方

皆さんは、テレビの音が聞き取りづらくて、音量をかなり上げってしまったりしていませんか?

意外と家事をしていたり、家族が他の事をしているとテレビの音って聞き取りづらいなと感じます。

また、我が家はキッチンからテレビが見えるのですが、距離が結構あるので、調理の音の中では全然音が聞こえません。

以前、以下の記事でお伝えしたようにそこそこいいレコーダーを購入したのに、この音問題のせいで活かしきれていません。

【レビュー】全自動ディーガ(DMR-2X200)のスマホ連携と全録でテレビが何倍も楽しくなる!
パナソニックレコーダー全自動ディーガ(DMR-2X200)をレビューしました。指定のチャンネルを全時間録画するチャンネル録画機能と、スマホアプリ「どこでもディーガ」と連携することで録画番組を持ち出せる機能が特に素晴らしく、テレビを何倍も楽しめるようになる機種でした。

こういったちょっとした不満を解決してくれたのが、ワイヤレススピーカーでした。

シニア向けに推しているものも多いですが、一般家庭にも十分役立つものだと思いましたので、使ってみてよかった点、微妙な点をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

購入したスピーカー

基本性能

私が購入したのは、VictorのJVC SP-A900-Bというものです。

障害物に強く、テレビと離れていても安定する2.4GHzデジタルワイヤレス方式です。

生活防水仕様となっています。

また、周波数のレベルを調節することで、音声を聞き取りやすくする「はっきり音声」や音量をさらに大きくし、聞き取りやすくする「大きめ音量」のスイッチが付いています。

speaker

使い方

本製品はスピーカー部と送信部から成ります。送信部とテレビを繋ぐことで、送信部からスピーカー部へ音声が飛ばされます。

speaker-receiver
speaker-base

スピーカーは送信部に乗せている間、充電されます。別売りでACアダプターがあり、スピーカーに繋げることで、充電を気にせず使うことも可能です。

因みに、スピーカーから音を出している間、テレビ本体のスピーカーから音を出す、出さないはテレビ側の設定で決めることが出来ます。

使ってみて感じたこと

良かった点

テレビの音がすごく聞きやすい

スピーカーを手元に持ってこられるので、音源が近く、想像以上に聞き取りやすくなります。

無駄にテレビの音量を上げる必要が無くなりました。

寧ろ、このスピーカーの聞きやすさに慣れると、テレビ本体の音がすごく物足りなくなります。

また、リビングのテレビから離れたキッチンにもスピーカーが置けるので、料理しながらもテレビもしっかり観られます。

送受信距離が長い

2階の物干しコーナーで洗濯物を干しながらも、スピーカーを持っていくことで、1階のテレビの音声を聞くことが可能です。

ラジオを聞きながら家事をしている感覚になります。

階を超えて使用できるとは、ちょっと驚きました。

イヤホンジャックが有用

寝室で家族が寝ている時に、自分だけ同室でテレビが見たいときに役立ちます。

スピーカー部にイヤホンジャックがあるので、イヤホンやヘッドホンをスピーカーに繋げれば、テレビの音を自分だけ聞けます。

このワイヤレスシステムがテレビとヘッドホンの間に入ることで、めちゃくちゃ長いコードでヘッドホンとテレビを直接繋ぐ必要が無くなります。

アナログの音量つまみが使いやすい

普段テレビの音量はリモコンで設定していると思いますが、ちょうどいい音量設定って意外と面倒な気がします。

このスピーカーはアナログなつまみをひねることで、無段階に音量を替えられるので、ぱっと希望の音量に設定できます。

これは使い始めてからでないとなかなか感じにくいですが、直感的な操作で非常に楽です。

微妙な点

電子レンジの影響をモロに受ける

これはこの製品がというよりは、2.4GHz帯の無線方式を使う機種全般に起こることですが、電子レンジを使うとめちゃくちゃ干渉を受けます。

電子レンジの傍に置かなけば大丈夫かと楽観していたのですが、電子レンジを使うとスピーカーをLDKのどこに置いていても干渉してきます。

購入動機の一つに料理をしながら、テレビを見られるようにしたいという気持ちがあったので、結構ダメージは大きいです。

はっきり音声の機能は微妙

喋り声などの人の声が聞き取りやすくなる機能ですが、正直微妙です。音のバランスが悪く、かといって、人の声が聞き取りやすくなるかというとそこまでではないかなという感じで、最初少し試して以降一切使っていない機能です。

大き目音量機能が必須

スピーカーボリュームを底上げしてくれる「大き目音量」は必須です。これが無いと、正直ボリューム不足です。

常に大き目音量のスイッチは入っています。

だったら、初期ボリュームをもっと上げておいてくれよ、と思いました。

同価格帯でリモコン付きの他社モデルが買える

購入当時は、ソニーのリモコン付きモデルが高くて諦めていましが、2021年2月現在、新モデルが出たためか、価格が下落し、本機と同程度の価格になっていました。

手元でチャンネルまで変えられるのはいいですね。同じ価格でしたらこちらを購入していたと思います。

まとめ

今回はテレビ用ワイヤレススピーカーについてお伝えしました。

使ってみると、想像以上にテレビの音を聞きやすくなり、色々なシーンでよりテレビを楽しむことができるようになりました。

特に家族がいる家庭では、音の問題はちょこちょこ起こりがちですが、それらを解決する有用なガジェットであるといえます。

テレビの音に関して不満がある方は、導入を考えてみてはいかがでしょうか。

それではこの辺りで終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました