【持ち家or賃貸】後悔しないために。どちらにも住んでみた経験者が語る。両者のメリット、デメリット。

eyecatch_rent

こんにちは。kazunariです。

人生の大きな選択のひとつに、「持ち家か賃貸か」というものがあると思います。永遠のテーマのように語られますね。

ここでは、同世代のこれからどうしようかと考えてる方に向けて、私が持ち家派になった経緯や、実際に持ち家派になって感じたことをお伝えします。

また、持ち家の中にも戸建てなのか、マンションなのか、等いろいろな選択肢があります。
戸建て、マンションに関しては下の記事に持論が書いてありますので興味があれば見てください。

【戸建てorマンション】後悔しないために経験者が語る。両者のメリット、デメリット。

スポンサーリンク

一般的に言われていること

まず、当然ながら持ち家、賃貸どちらにもメリット、デメリットがあります。下に簡単に載せておきます。色々なサイトで見かけますね。そして、結論としてはそれぞれのライフスタイルに合わせて選んでねっ、て

kazunari
kazunari

そりゃそうだわ!

持ち家のメリット・デメリット

メリット

  • 住宅設備が高性能
  • リフォームしやすい
  • ローン返済後は資産になる
  • 住宅ローン控除や給付金の制度がある
  • 団体信用生命保険がある

デメリット

  • 簡単に引っ越せない
  • メンテナンス費用がかかる
  • 固定資産税がかかる
  • 自然災害のリスクが高い

賃貸のメリット・デメリット

メリット

  • 引っ越しが容易でライフスタイルの変化に合わせて柔軟に対応できる
  • 管理会社がメンテナンス等に関して対応してくれる
  • ローンによる精神的な負担がない

デメリット

  • 家賃をずっと払い続ける必要がある
  • 更新料がかかる
  • 騒音等に関して近隣への配慮が必要になる

こちらにも詳しく書かれています。というかこの手の情報サイトはめちゃくちゃありますね。

SUUMO-持ち家vs賃貸はどっちが得?老後に備えてメリット、デメリットを確認-

持ち家派になった経緯

私は30代前半で家を建てました。それまでは賃貸マンションに住んでいました。住宅購入のきっかけは、先輩の注文住宅がステキで、欲しい衝動に駆られたのが大きかったです。先輩の家がマンションだったらマンションを買ってたかもしれません。

そして、当時化粧品メーカーで働いてた私はほぼ転勤がない職種で、当然定年まで勤め上げるつもりだったので、引っ越しが容易という賃貸の一番のメリットよりも持ち家のメリットの方が大きく上回りました。特に、いわゆる住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)と団信(団体信用生命保険)が大きかったです。

住宅ローン控除・・・年末のローン残高の1%分、10年間(3年の延長措置あり)所得税と住民税から控除される(上限あり)。例えば年末ローン残高が2000万円ならば1%の20万円分の税金を払わずに済みます。

団信・・・住宅ローンを申し込むときに強制加入する保険で、債務者(ローンを払う人)が死亡したり、がん等(団信の内容によりけり)になってしまったときに保険会社がローン返済をしてくれるものです。保険料は住宅ローンの金利に含まれているため、追加で保険料を払う必要はない。

住宅ローン控除によって、借入額にもよりますが、何十万円単位で税金が控除されますし、団信があることで、それまで加入していた掛け捨てタイプの生命保険(月1万円くらい)が不要になり、金銭的な負担に対するプレッシャーがかなり和らぎました。

また、これは戸建て派のメリットになってしまうのですが、太陽光発電を付けられるのも大きかったです。自分の使う電気は自分で発電し、さらに余ったら電力会社に買い取ってもらえるなんて、そりゃつけるしかないでしょ!って感じで、当時は太陽光発電は最上位の優先度でした。

そんな感じで、賃貸派から持ち家派へ転向することになりました。

kazunari
kazunari

将来お前転職するんだよ!って教えてあげたい。

持ち家派になってからの感想

良かった点

まず、賃貸から持ち家になって良かった点ですが、

・家づくり自体が楽しい

これは注文住宅のメリットかもしれませんが、本当に自由度が高く色々な要望を家に詰め込むことができます(お金があれば)。お金に制約があっても、こだわるところとそうでないところの予算配分も自由なので、意外と色々とやれると思います。こだわりを詰める作業も楽しいですし、建築が始まり徐々に具現化されていく工程を見るのも醍醐味の一つでした。

・キッチン、お風呂が広い

全体的に住宅設備が良くなったのですが、この二点が特に大きかったです。キッチンはスペースめちゃ広くなり、妻はご満悦でした。お風呂は浴槽が大きくなって、賃貸の時はほぼシャワーのみだったのが、頻繁に入浴するようになりました。

・収納に余裕がある

間取りにもよりますが、私の場合賃貸から持ち家になり、収納スペースがかなり増えました。特に子供ができてからは、物が本当に増えます。余裕ある収納のメリットをひしひしと感じるようになりました。

・DIYが楽しい

自分の家をもっとカスタマイズしようと、DIYに目覚めました。大したことはしてないのですが、自分の家ということで、もっと良くしたいという気持ちが大きくなります。DIYについても追々別の記事で書いていく予定です。

・近隣住民との距離が保てる

これは戸建てのメリットになりますが、近隣に配慮しなければならないことが明らかに減りましたし、逆に近隣から迷惑を被ることが亡くなりました。賃貸の時は、隣の部屋の騒音がすごくて何度も管理会社に連絡してたことがありました。また、子供がいる現在、子供がドタバタ走ったり、飛び跳ねたりしても階下への配慮が必要なくて安心しています。

後悔した点

細々挙げればキリがないのですが、大きくは二つ。

・転職活動に支障をきたす

一番はこれです。家を建てた当時は全く予想していなかったのですが、転職を考えるようになりました。通勤圏内での転職活動しかできなく、転職先の選択肢がかなり少なくなり、この時に家を建てたことをめちゃくちゃ後悔しました。

・ライフスタイルの変化に対応しづらい

家を建てた後に子供が生まれたのですが、子供の世話をしていると家の構造の中で不便に感じることが出てきました。子供が出来てから建てても遅くなかったかなと。特に、建売であれば、汎用性のある間取りになっていますが、注文住宅だと建てた当時のこだわりが強く反映されるため、その後の変化に対応がしづらくなりがちになると思いました。

要するに、

「人生は変化していくもの」ということに対しての考えが不足していたと思います。

まとめ

持ち家派になって、一時強く後悔することがありましたが、持ち家のメリットもたくさんあり、今はすごくありがたみを感じています。

ただ、2021年現在、新型コロナウイルスの流行で生活様式や働き方が大きく変わってきていて、より先行きが不透明になっています。世間の動向に対して、より柔軟に対応が迫られることが予想され、現在は選択の自由度の高い賃貸の方が、メリットはとても大きいと思っています。

もし、今「家を買おう!」と思っている方がいましたら、一度冷静になって今後の自分の人生で起こりうる変化を深く考えてから決断してください。

私のように急に転職に迫られるかも知れません。また、親の介護が必要になるかも知れません。そのような考え得ることをなるべく事細かに想像してみてください。

そして、それでも持ち家派になる決断をされたら、全力で楽しんでください!

kazunari
kazunari

住まい探しは楽しい!!

以上が私の考えになります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました