【太陽光発電】天気ごとの発電量をまとめてみた

天気と太陽光発電アイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

太陽光発電は当然ながら太陽の光が必要不可欠ですが、晴れの日以外の発電具合って気になりませんか?

晴れの日以外は全く発電しないのでしょうか?

意外と曇りでも発電するのでしょうか?

特に、これから太陽光発電の導入を検討される方にとっては、実際の日々の発電量のイメージは非常に大切な情報かと思います。

そこで、今回は我が家の太陽光発電のデータを基に、天気ごとの発電量をまとめてみました。

この記事を読めば、天気ごとの発電量がざっくりと理解できるようになると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

集計方法と発電条件

発電量は自宅に設置されている発電モニターの過去データを参照しました。

goo天気

過去の天気はgooの過去の天気を参照し、9時、12時、15時の天気が表示されますが、今回は便宜上、12時の天気をその日の天気として採用しました。

集計期間は2022年2月6日から同年4月6日までの2か月間としています。

発電条件は以下の通りです。

●パネルメーカー:京セラ
●発電容量:10.11kW
●パネル設置方角:南
●屋根勾配:3寸
●発電開始時期:2017年1月

集計結果

集計

天気ごとに集計した結果をまとめました。

ヒストグラムを使って、発電量の分布も示しています。

集計期間中に雪もありましたが、あまり降っていないので、雨と一緒にしています。

晴れの日

晴れの日は集計期間中、28日ありました。

1日の平均発電量は49.15kWh

最高発電量が60kWh、最低発電量が36kWhでした。

多少幅はありますが、きれいな分布になっています。

やはり晴れの日は安定しています。

集計期間が2月から3月と、日照時間が大きく変わる時期だったので、これでも少し幅があるかなという印象です。

もう少し暖かい季節になると、平均値はさらに上がっていきます。

曇りの日

曇りの日のヒストグラム

曇りの日は集計期間中、22日ありました。

1日の平均発電量は33.82kWh

最高発電量が53kWh、最低発電量が10kWhでした。

曇りの日は、曇り具合によってかなりばらつきがあります。

やはり晴れの日と比較するとかなり発電量は落ちます。

雨、雪の日

雨の日のヒストグラム

雨、雪の日は集計期間中、10日ありました。

1日の平均発電量は18.40kWh

最高発電量が43kWh、最低発電量が4kWhでした。

雨、雪の日はほとんど発電しないですね。

集計期間中の雪は大したことなかったですが、パネルに雪が残るほど積もると、翌日に晴れてもほとんど発電しなくなります。

豪雪地帯では、かなり影響が大きいと思います。

それぞれの比較まとめ

まとめのヒストグラム

天気ごとに発電量を見てみると、晴れの日がやはりかなり発電量が多いことが分かります。

天気ごとの発電量

曇りでも割と発電している時もありますね。

ただ、がっつり曇ると雨と同様にほとんど発電しなくなり、発電量が10~20kWh程度となります。

kazunari
kazunari

雲の厚さで、全然発電量が変わってきます。

そして、雨や雪の日は当然、ほぼ発電しないです。

このように天気によって太陽光発電は、かなり発電量が変動します。

とにかく晴れの日の日数が重要です。

なので、梅雨時期は非常に発電量が不安定になります。

発電量が気になる場合、お住いの地域の年間の快晴日数を都道府県データランキング「気象データ」などで、事前に参照されるのもいいかと思います。

全国平均よりも快晴日数が多ければ、積極的に太陽光発電の導入を検討してもいいと思います。

一括見積サイトを利用すれば、業者の比較も簡単にでき、初期費用を抑えることができます。

無料で見積もりできるので、気軽に見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

無料で見積もりをしてみる。【タイナビ】太陽光発電の全国優良業者、見積比較

まとめ

今回は天気ごとに発電量をまとめてみました。

当然ですが、晴れの日がかなり大事であることが分かる結果となりました。

天気ごとの発電量のだいたいのイメージが掴めたのではないでしょうか。

この記事がこれから太陽光発電を検討される方の、参考になれば幸いです。

その他、実際に使って感じた太陽光発電に関するメリット・デメリットの記事もまとめています。

太陽光発電のメリット・デメリットに関して詳しくは、
この「【5年経過レポ】太陽光発電で感じたメリット・デメリット」も是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました