【Canon】初心者が満足できる高コスパなズームレンズはこれだ!!

ズームレンズアイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

カメラ初心者がレンズを追加したいと思うと、種類が沢山あってどれを選べばいいか分からなくなりませんか?

私はレンズの名前がアルファベットと数字ばかりで、混乱しまくりました。

そして、どれもなかなかのお値段!

ただ、いろいろと調べてみるとなんとなくですが、レンズの違いだったり、コスパの良いレンズも存在することが分かってきました。

そんな中で、これだ!と思って購入したのが、

EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USM

というズームレンズです。

このレンズは価格が抑えられていますが、幅広い撮影シーンに対応してくれて非常に撮影が楽しくなる1本でした。

レンズを追加してみたいと思う、私の様なカメラ初心者にピッタリな1本だと思ったので、紹介してみようと思います。

初心者の感想となりますが、レンズ選びの参考になれば幸いです。

ぜひ最後までご覧ください。

EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMについて

EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS US

広い焦点距離を持つ、ズームレンズです。

サイズは77.4mm×96.0mm、重さは約515gです。

EF-Sマウントで、APS-Cセンサー用のレンズとなっています。

焦点距離が18-135mmとなっているので、日常的な撮影シーンを幅広くカバーできます。

(※APS-Cセンサー用なので、35mm換算で実質焦点距離は約29-216mmとなります。)

オートフォーカスはウルトラソニックモーター(USM)で、爆速オートフォーカスが期待できます。

使用カメラ

EOSとレンズ

私はEOS KISS MでEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMを使用しています。

ただ、EOS KISS MはEF-Mマウント、このレンズはEF-Sマウントとマウントが異なります。

そのためマウントアダプターを使用して取り付けています。

カメラとレンズの間をこのマウントアダプターが取り持ってくれます。

マウントアダプターは互換品もAmazonなどで多く取り扱われていますが、レンズやカメラとの相性によっては認識しないこともあるようなので、純正品を購入しました。

EOS KISS Mユーザーはマウントアダプターで使用可能レンズが一気に広がるので、かなりおススメです。

マウントアダプターに関して詳しくは、
この「使わなきゃ損!EOS KISS Mはマウントアダプターで脱エントリーモデルに!」も是非ご覧ください。

Amazonでマウントアダプター EF-EOS Mを探す。

楽天市場でマウントアダプター EF-EOS Mを探す。

購入動機

ズームレンズアップ

購入動機は18-135mmの広い焦点距離です。

もともと持っていたズームレンズの焦点距離が、

・15-45mm(キットレンズ)
・70-300mm(望遠レンズ)

でした。

それなりの焦点距離をカバーしていると思っていましたが、実際に子供を公園などで撮影していると、意外と不便を感じます。

キットレンズ

15-45mmのキットレンズでは、もっとズームしたいと思うことがあります。

一方、70-300mmの望遠レンズでは、寄りすぎていることが多いです。

また、いちいちシーンに合わせて、レンズを交換するのもかなり面倒なんですよね。

そんなところに、18-135mmという焦点距離のレンズがあることを知り、一気に購入意欲が湧いてきました。

AFがUSMであるのも魅力の一つでした。

さらに、他のレンズと比較して、購入しやすい価格でもあり、衝動的に買ってしまいました。

AmazonでEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMを探す。

楽天市場でEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMを探す。

使ってみた感想

レンズ使用シーン

実際に使ってみた感想は以下の通りです。

使った感想
・だいたいの撮影シーンをこれ1本でカバーできる

・USMでオートフォーカスが早く撮影もラク

・見た目がカッコいい

・見た目がカッコいいコスパが高い

だいたいの撮影シーンをこれ1本でカバーできる

期待通り、これ1本でだいたいのシーンをカバーできます。

18-135mmという広い焦点距離が撮影時の選択肢を広げてくれて、ストレスなく撮影を楽しくしてくれます。

試しに屋外で撮影して、焦点距離の比較をしてみました。

焦点距離:18mm写真

18mmだとこれくらいの画角で、同じところからズームして撮ってみます。

焦点距離:135mm写真

テレビ塔にズームしてみましたが、135mmだとここまで寄れます。

思いのほか被写体に寄れているのではないでしょうか。

これだけ広い焦点距離があれば、普段の撮影では大体ストレスなく撮影できてしまいます。

子供の撮影時には、この焦点距離の範囲で大正解でした。

また、撮影中に様々な寄り方が瞬時に選べるので、撮影が非常に楽しくなりました。

USMでオートフォーカスが早く撮影もラク

ウルトラソニックモーターなので、非常に速いオートフォーカスです。

子供のように動き回る被写体にもピントがすぐ合うので、きれいな写真が簡単に撮影できます。

見た目がカッコいい

個人的な好みになりますが、見た目がすごく気に入っています。

レンズ比較

EOS KISS Mを使い始めた当初はキットレンズを使用していましたが、このレンズに付け替えると重厚感がすごいです。

kazunari
kazunari

もちろんキットレンズの方が、軽くてコンパクトなので持ち運びには便利なんですけどね。

カメラの見た目がカッコいいと思った以上に撮影が楽しくなります。

気分はなんちゃってプロカメラマンになりますよ。

コスパが高い

性能と価格のバランスが良く、非常にコスパが高いレンズだと思います。

EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMは新品でも6万円代で購入可能です。

ズームレンズの中では非常にリーズナブルな価格ですね。

それでいて、カメラ初心者の私にとっては画質に関しては特に文句がありません。

さらに、焦点距離が広く、USMまで搭載しています。

kazunari
kazunari

このレンズ1本あれば、相当いろいろ楽しめますよ。

初心者が持つレンズとしては、ピッタリな一本だと感じました。

AmazonでEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMを探す。

楽天市場でEF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMを探す。

まとめ

この記事のまとめ
・EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMは広い焦点距離で様々なシーンで活躍するレンズだった

・USMを搭載しながらも6万円台で購入出来、コスパが高い

・初心者が持つズームレンズとしてはピッタリ!

EF-S18-135㎜ F3.5-5.6 IS USMは幅広いシーンで活躍してくれる、高コスパレンズでした。

一番最近購入したレンズですが、日常使用はこのレンズ一択になっています。

私のようにEOS KISS Mのキットレンズから卒業するための、最初の1本に最適だと思いました。

今回の記事がレンズ選びの参考になれば幸いです。

このほか望遠レンズに関しても記事をまとめています。

望遠レンズに関して詳しくは、
この「【Canon】初心者が望遠レンズを買ったら、カメラがもっと楽しくなった!!」も是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました