【実使用レビュー】パナソニックの高浸透ナノイードライヤーの効果実感とは?

ドライヤーアイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

近年、ドライヤーの高機能化が目覚ましいですね。

その中でも一番有名なのが、パナソニックのナノケアドライヤーかと思います。

高浸透ナノイーが髪にうるおいを与えたり、ダメージを抑制したりと、髪を乾かす以外の高付加価値が特徴ですね。

パナソニックのHPを見ても効果がすごそうにみえますが、実際に使った時にその効果実感が得られるかはとても気になりますよね?

そこで、今回我が家で最近購入したナノイー搭載ドライヤーEH-NA0Gのレビューをしてみました。

ドライヤー外箱

この記事で、実際に使ってみた効果実感の有無がしっかりと分かるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

EH-NA0Gの基本情報

ドライヤー本体

まずは、EH-NA0Gについて簡単にご説明します。

EH-NA0Gの概要

EH-NA0Gは、本体とセットノズルがセットになっています。

ドライヤーセット

セットノズルは毛先のセット時に使う用のノズルです。

基本的にはノズルは使いません。

ドライヤーカラー

引用元:Panasonic HP

カラーは三色展開で、我が家はディープネイビーにしました。

他にウォームホワイトとモイストピンクがありますが、店頭で本品を比較するとぶっちぎりでディープネイビーがオシャレです。

価格はだいたい3万円前後で、一般的なドライヤーと比べるとやはり高価です。

その付加価値として、高浸透ナノイーが搭載されています。

ナノイー出口

ドライヤーの吹き出し口の上部に付いているユニットから、ナノイーを含んだ別の風が吹き出てきます。

この風も結構風量があります。

このナノイーが髪に対して様々な効果をもたらしてくれるので、その実感について後程レビューします。

EH-NA0Gのモードについて

ナノケアドライヤーモード

引用元:Panasonic HP

EH-NA0Gには多くのモードが搭載されています。

●温風モード
●温冷リズムモード
●冷風モード
●スカルプモード
●インテリジェント温風モード
●毛先集中ケアモード
●スキンモード
ドライヤーのモード

温風切替ボタンと電源スイッチでモードを選択します。

電源スイッチの「TURBO・DRY」と「SET」の時で、使えるモードが異なってきます。

TURBO・DRY時の使用可能モード
温風モード
温冷リズムモード
冷風モード
スカルプモード
インテリジェント温風モード
SET時の使用可能モード
温風モード
毛先集中ケアモード
スキンモード
スカルプモード

全てのモードでナノイーは発生しています。

それぞれのモードの特徴を簡単に説明します。

温風モードと冷風モードは一般的なドライヤーの温風、冷風と同じなので割愛します。

温冷リズムモード

温風と冷風が自動で交互に切り替わるモードです。

温風で温めながら髪のくせを伸ばして、冷風で冷やすことでしっかりとキープできるようになります。

毛先集中ケアモード

周囲の温度をセンサーで自動検知し、最適な間隔と風量で毛先の仕上げに適した温風・冷風を交互に発生させます。

スカルプモード

頭皮を乾かすモードです。

頭皮に優しい約60℃の風で心地よく乾かします。

インテリジェント温風モード

室温に併せて、ドライヤーが温風を自動でコントロールするモードです。

暑い時期でも、温風の熱さを低減し、快適に髪を乾かすことができます。

スキンモード

主に顔に使うモードです。

ナノイーを肌へ与え、うるおいを保つことでしっとりとした肌へ導きます。

使ってみた感想・効果実感

ドライヤー使用時

実際に使ってみた感想をまとめてみました。

使ってみた感想
・ナノイーの効果がしっかり感じられる

・風量が多く、乾きも早い!

・機能は多いが、全部は使わない

ナノイーの効果がしっかり感じられる

使ってすぐ、今までのドライヤーとの違いが感じられます。

●髪の毛がしっとり仕上がる
●サラサラ感も増し、指通りが格段に良くなる
●乾く直前からしっとり感が残り、柔らかさを感じられる
●ツヤも増したように感じる
●絡まりが減るので、ブラッシングの抜け毛が減る
●カラーリングの退色も抑えられる

乾燥後の髪の毛の、しっとり感やサラサラ感が格段に良くなりました。

指通りが良くなったので、髪の毛の絡まりもかなり少なくなったと感じます。

この違いは乾かしている途中からも感じられます。

普通のドライヤーで8割くらい乾いてくると、水分が抜けてパサパサになっていく感触でした。

一方ナノイーで乾かしていると、しっとり感がそのまま残り、柔らかさを感じられるようになります。

kazunari
kazunari

使い始めた初日から感動するくらい違いました。

ツヤ感も増したと思います。

少しわかりにくいですが、通常のドライヤーとの比較を載せてみます。

ツヤ比較

ナノイーの方が、光沢感が増しています。

また、妻の感想では、髪が絡まず、櫛通りが良くなったので抜け毛が減ったとか、カラーの退色もしにくくなったと言っており、髪にとっていいこと尽くめです。

kazunari
kazunari

正直、ここまで違いがしっかりと感じられるとは思いませんでした。

明らかに髪へのダメージが減ったと感じるので、日ごろ髪のダメージが気になる方はピッタリだと思いました。

風量が多く、乾きも早い!

最新モデルでは、風量がパワーアップしていて、乾燥時間が短くなりました。

TURBO使用時には、かなり風が強いです。というか強すぎます。

私はいつも1つ下のDRYをを使っています。

それでもかなり大風量です。

乾燥時間が短くなり、髪の長い妻は特にありがたがっていました。

機能は多いが、全部は使わない

このドライヤーにはスカルプモードやスキンモード等、普通のドライヤーには無いモードが沢山あります。

ただ、全部を使いこなすのはなかなか難しいです。

それぞれのモードごとの効果は感じにくいですね。

というか、普通の温風ドライだけでもかなり満足できる仕上がりになります。

なので、他を使う必要をあまり感じないのです。

モードは個人の好みがあるので、お好みのモードを探してみるのも、このドライヤーの楽しみ方の一つかもしれません。

kazunari
kazunari

温風ドライだけでめちゃくちゃいい仕上がりになるので、他のモードにいちいち変える気が起きないです。

感想のまとめ

ナノイー使用例

使ってみると、ナノイーの効果が想像以上にはっきりと感じられて驚きました。

ドライヤーだけでここまで変わるとは思いませんでした。

明らかにドライ後の仕上がりが違います。

感触の違いなので、文章だけでは伝えるのが難しいのですが、触ったら誰でも違いが分かると思います。

特に髪への意識が高い女性には、ピッタリのドライヤーだと思います。

kazunari
kazunari

妻は、もっと早く使えばよかったと後悔しているようでした。

一般的なドライヤーと比較すると、高価な部類に入りますが、その価格に見合った効果はしっかりとある製品です。

単なるドライヤーというよりは、美容機器とドライヤーが組み合わさったものと思えば、そんなに高価なものでもないかと思います。

面倒な毎回のドライヤーが楽しくなりますよ。

ぜひこの感動を味わってみて欲しいなと思いました。

本記事が皆さんのドライヤー選びの参考に、少しでもなったら幸いです。

その他の家電についてもレビュー記事を書いています。

その他家電に関して詳しくは、
この「【子育て世代向け】おすすめしたい家事ラク家電、時短家電」も是非ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました