【元化粧品開発者視点】高い化粧品と安い化粧品の違いとは?

eyecatch-skincare-price
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

皆さんはどのくらい化粧品にお金をかけていますか?

この記事は次のような方におススメ
・いくらくらいの化粧品を買えばいいか分からない方
・お金をかけているのに化粧品の効果をあまり感じられない方
・化粧品の秘密を知りたい方

化粧品てめちゃくちゃ種類があって、価格も100均で買えるものからデパートなどでは数万円のものもざらにありますよね。

同じ化粧品なのにどうしてこんなにも違いがでるのでしょうか。

私は低価格帯から高価格帯の化粧品まで、様々な化粧品の開発担当を経験してきました。

今回はその経験を基に、私が思う高い化粧品と安い化粧品の違いをまとめました。

スポンサーリンク

配合している原料が違う

cosmetic-iingredient

販売価格によって、化粧品の中身にかけられるコストももちろん変わってきます。

配合される原料はその影響をモロに受け、それによって化粧品の性質も大きく変わります。

原料によって変わる点を以下にまとめました。

使用感が変わる

使用感とは使い心地です。

塗っている時のノビやしっとり感、仕上がった時のハリ感等、使って感じる事をまとめて使用感と言っています。

化粧品原料には保湿力が非常に高い原料、すごくしっとりするのにべたつかない原料、少量で乳化できる原料等、使用感に大きな影響を及ぼす高機能な原料もが様々あります。

ただ、この様な高機能原料は原料価格が高くなる傾向になるため、低価格帯の化粧品には使いづらくなります。

低価格帯の化粧品では、使える原料が少なく、選択肢が狭まるため、使用感が似たようなものになりがちです。

一方、高価格帯の化粧品は結構自由に、原料を使えるため、特徴的な使用感が出せたりします。

このように化粧品の価格によって使用感は大きく変わってきます。

配合原料数が変わる

価格帯によって、配合原料数も変わってきます。

なぜなら配合原料が多いと、その分工場で大量に生産する時のコストも変わってくるからです。

低価格帯の化粧品はなるべくシンプルな処方にして、コストを抑えて沢山作れるように工夫をします。

ちなみに低価格化粧品でも全成分表示がとても多く、色々な原料を沢山使っているように見えるものもあります。

これにはカラクリがあり、1つの原料にそもそも様々な成分が混ざっていて、その原料を使うだけでいろいろな成分が入っているように見せています。

なので、配合原料数に関しては全成分表示はあてになりません。

有効成分量が変わる

エキスの様ないわゆる有効成分の配合量も変わってきます。

ただ、配合量はブラックボックスであり、メーカーごとにかなり違うと思うので、高価格帯でも微量しか入っていないということは全然あり得ます。

私が働いていた会社では、高価格帯の化粧品には割とふんだんに配合していました。

研究開発費が違う

image-of-experiment

化粧品開発には基礎的な肌や細胞の研究や、製剤化技術の検討が行われています。

高価格帯の化粧品にはより魅力的な価値を付与するため、精力的に研究が行われ、新しい技術が取り入れられます。

一方で、低価格帯の化粧品は既存の処方(化粧品のレシピ)を流用することも多く、なるべくコストをかけずに開発されたりします。

しかし、新しい技術が取り入れられても、肌への効果に直接結びつくかはまた別だったりもします。

kazunari
kazunari

効果はさておき、新商品の訴求(ウリ)のためだけの技術だったりもあります。

容器代、パッケージ代が違う

cosmetic-producs

高価格帯の化粧品はメッキを使ったり、パーツ数が多かったりと容器のデザインにもかなりこだわります。

一方で、低価格帯の化粧品は非常にシンプルな構成になりがちです。

パッケージも箱のデザインが凝っていたり、過剰包装気味に豪華になります。

kazunari
kazunari

これは高価格帯の化粧品を購入したことがある方はよくわかると思います。

煌びやかなデザインや、オシャレすぎて一見どうやって使ったらいいかわからない容器もあったりします。

ブランドイメージが違う

brand-image

このブランドイメージが直接価格に効いていると思います。

化粧品メーカー各社、様々なブランドを展開していますが、ブランド毎のイメージで価格が決められます。

ですので、中身は大してコストをかけていないけど、ブランドイメージを保つため、価格だけ高いものもあります。

kazunari
kazunari

開発当初は価格が決まらず、後からブランドのイメージ優先で価格が決定されることもよくありました。

また、私の経験になりますが、ブランドの中で化粧水、乳液、クリーム等ラインでリニューアルすることになったりしたときに、クリームの原価が高くなりすぎたから、他の化粧水で原価を抑えてバランスを取ったりもしました。

効果の違いは?

skincare-effects

高い化粧品は高い分だけ効果があるのでしょうか?

こんなことを言っては身もふたもないですが、答えはわかりません。

高い化粧品でもブランド力だけで中身は大したことないものもあります。

また、良い原料を沢山配合した高い化粧品でも、使う人によって合う合わないがあります。

一方で、高い化粧品を使うことによって、ラグジュアリーな気分になれるといった、心理的な作用も効果の一つにも挙げられます。

ただ、私が強くお伝えしたいのは、低価格帯の化粧品でも適切な使用量を適切な方法で使えば、基本的なスキンケア効果は十分あります。

スキンケア化粧品の効果を担うのは主に、グリセリンやBGの様な保湿剤や、ミネラルオイル、ワセリン、スクワランの様な油剤といった基本的な原料です。

これらの原料原価は高くなく、化粧品の価格に関わらず、基本的に配合されているため、一般的なスキンケア効果も化粧品の価格に大きく左右されることはありません。

高価格帯の化粧品はそこに+αの効果が期待できますが、この+αは本当にピンキリだと思います。

kazunai
kazunai

ちなみにデパート等でビューティーアドバイザー(BA)が効果を説明してくれますが、BAも配合量や配合成分の細かい性質までは伝えられていません。

鵜呑みにしすぎるのはお勧めしません。

理解していただきたいのは、化粧品の価格は効果で決められるものではないということです。

化粧品中身を含め、容器、パッケージ、ブランドイメージ、デザイン等様々な要素をひっくるめて決められ、そのすべてを受容して、楽しむのが化粧品だと思います

どちらを使うべき?

では、高価格帯の化粧品と低価格帯の化粧品、どちらを使うべきでしょうか。

好きなブランドやイメージを優先される方には、高価格帯の化粧品がぴったりです。

ただ、多くの方は払ったお金に見合う効果が欲しいと思うのではないでしょうか?

それならばまずは、無理して高い化粧品を買うのではなく、お求めやすい化粧品を購入し、アイテム数や種類、使い方を見直す方が効果的だと私は考えます。

だって、低価格帯の化粧品だってちゃんとスキンケア効果はあるんですから。

何を使うべきか悩む方は、使うべきアイテムの優先度を決めて購入していくといいと思います。

スキンケアアイテムの優先度について詳しくは、この「【元化粧品開発者視点】使うべきスキンケアアイテムの優先度お伝えします。」もぜひご覧ください。

また、化粧品を購入する際にはぜひ全成分表示も気にしながら選ぶ方法をお勧めしています。

化粧品の全成分表示について詳しくは、この「全成分表示からスキンケア化粧品を選ぶ方法お伝えします。」もぜひご覧ください。



まとめ

今回は化粧品の価格について、私の見解をまとめてみました。

私は低価格帯の化粧品で十分スキンケア効果はあると考えています。

ですが、高価格帯の化粧品にしかない魅力ももちろんあります。

また、化粧品は嗜好性の高いものですので、好みの問題でもあります。

迷われている方はまずは低価格帯の化粧品から、色々と使ってみてお気に入りの一品を探してみてはいかがでしょうか?

今回はこの辺りで終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました