【元化粧品開発者の成分解析&使用レビュー】タイムシークレット ミネラル 薬用ローション

※記事内にPR、プロモーションが含まれています。

タイムシークレットアイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

某化粧品メーカーでスキンケア化粧品の開発をしていました。

今回は医薬部外品の化粧水で成分解析と使用レビューをします。

ミネラル 薬用ローション手に持つ

それが、こちらのタイムシークレット ミネラル 薬用ローションです。

今回はこちらのローションの実力を調べてみました。

購入を考えている方は、この記事を参考にしていただけると幸いです。

最後までご覧ください。

こんな疑問を解決します!!
  • 配合されている成分の特徴は??
  • 実際の使用感はどうなの??
  • どんな人におすすめ??
  • タイムシークレット ミネラル 薬用ローションの特徴

    ミネラル 薬用ローション本体

    まずは、簡単にタイムシークレット ミネラル 薬用ローションの特徴をお伝えします。

    医薬部外品のローション

    タイムシークレット ミネラル 薬用ローションは、ナイアシンアミドグリチルリチン酸ジカリウムが有効成分の医薬部外品です。

    ナイアシンアミド説明
    引用元:msh公式HP

    ナイアシンアミドはビタミンB3の一種で、シワ改善美白の2つの効果が認められている成分です。

    近年、非常に多くの医薬部外品に採用され、人気の高い成分の一つであると言えます。

    GK2説明
    引用元:msh公式HP

    もう一つのグリチルリチン酸ジカリウムは、甘草という生薬から抽出される成分で、抗炎症作用を持っています。

    化粧品では肌荒れ防止目的で配合され、長年使用されている実績ばっちりの成分です。

    浸透設計

    浸透説明
    引用元:msh公式HP

    保湿成分の浸透を促進する成分を配合し、保湿力の向上を図っています。

    様々な美容成分と無添加成分

    タイムシークレット 美容成分
    引用元:msh公式HP

    保湿成分として種々の植物エキスとヒアルロン酸が配合されています。

    タイムシークレット 無添加成分
    引用元:msh公式HP

    また、逆に7種類の成分に関しては、無添加となっています。

    LIPS こだわりアワード受賞

    LIPS こだわりアワード
    引用元:LIPS

    LIPS こだわりアワード ベストコスメ2023上半期の化粧水部門で2つの受賞をしています。

    透明感ケア賞では1位年齢肌ケア賞ではも2位を獲得していて、2023年上半期では非常に評価の高い化粧水の一つと言えます。

    タイムシークレット ミネラル 薬用ローションの成分解析

    調査イメージ
    著作者:Freepik

    では、タイムシークレット ミネラル 薬用ローションの成分解析をしていきます。

    以下が、全成分表示です。

    〈有効成分〉ナイアシンアミド、グリチルリチン酸ジカリウム、〈その他の成分〉海藻エキス(1)、クミンエキス、ドクダミエキス、ローズマリーエキス、ローズマリー油、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、グリシン亜鉛、パントテン酸カルシウム、ヨクイニンエキス、ツボクサエキス、精製水、L-セリン、1,3-ブチレングリコール、1,2-ペンタンジオール、グルコン酸銅、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリセリン脂肪酸エステル、キサンタンガム、モノラウリン酸ポリグリセリル、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、クエン酸、水酸化カリウム、水酸化ナトリウム

    こちらの成分情報を基に、特徴的な成分などをピックアップしていきたいと思います。

    大人気のナイアシンアミドを配合

    タイムシークレット ミネラル 薬用ローションの主役は、やはりナイアシンアミドです。

    ビタミンB3の一種で、抗シワ成分としては最もメジャーな成分です。

    肌の構造維持に重要なコラーゲンの生成を高める働きがあります。

    さらにメラニン生成抑制による美白の効果もあるため、ここ数年でめちゃくちゃ使われる成分になっています。

    そして重要なのは、ナイアシンアミドの効果が期待できる配合量になっています。

    なぜならナイアシンアミドは医薬部外品の有効成分として配合されているからです。

    医薬部外品の有効成分というのは、その効果が科学的に根拠がある量を配合しなければならいルールが決められています。

    そのため、正確な配合量はもちろんわかりませんが、確実に効果が期待できる量が配合されていると言えます。

    memo

    ナイアシンアミドが有効成分なので、シワと美白への効果がしっかり期待できる。

    肌荒れケアに嬉しいグリチルリチン酸ジカリウムも配合

    ナイアシンアミドに隠れがちですが、グリチルリチン酸ジカリウムも有効成分として配合されています。

    グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があり、古くから医薬部外品の有効成分として採用されている実績があります。

    肌荒れケアの有効成分と言えば、グリチルリチン酸ジカリウムが最もメジャーです。

    こちらも医薬部外品の有効成分なので、当然効果が期待できる配合量になっています。

    そのため、ナイアシンアミドと合わせることで、肌荒れを抑えて肌調子を整えながら美白して、さらにシワも改善してくることになります。

    kazunari
    kazunari

    お肌の様々な悩みを結構カバーしてくれる効果ですね。

    memo

    グリチルリチン酸ジカリウムとナイアシンアミドの併用で、肌悩みへ多角的にアプローチしてくれる。

    CHDの配合が特徴的

    浸透促進の目的でCHDという成分が配合されています。

    これは成分名称ではシクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコールのことで、水に溶けるオイルと言われるような少し特殊な成分です。

    水とも油ともなじみやすく、両者の中間ぐらいの性質を持っています。

    そのため、水に溶ける成分(水溶性成分)の肌への浸透性を高めてくれます

    少し詳しく説明すると、水溶性成分は油溶性成分よりも角層の浸透性が低いのですが、このCHDは水溶性成分となじみながら、油溶性成分のように角層へ浸透していく働きをします。

    kazunari
    kazunari

    油に近い性質のCHDが水溶性成分を角層へ連れて行ってくれるイメージです。

    この働きによって、浸透促進効果が発揮されます。

    タイムシークレット ミネラル 薬用ローションには、植物エキスなどの水溶性の美容成分が様々配合されているので、CHD効果的に働いてくれそうです。

    また、オイルに近い感触なので、水溶性成分の水っぽいべたつきを抑え、使用感を向上させる働きも期待されます。

    memo

    水溶性成分が多いローションでは、CHDの浸透促進の効果が期待大。

    保湿剤はさっぱりめ

    ローションのしっとり感の基本となる保湿剤は、さっぱりとしたものを選ばれている印象です。

    保湿剤は以下の成分です。

    1. 1,3-ブチレングリコール
    2. 1,2-ペンタンジオール

    どちらもジオール系と呼ばれる保湿剤で、割とさっぱりした感触になっています。

    保湿剤の王道はグリセリンですが、このローションには配合されていません。

    グリセリンはアクネ菌の餌になると言われることもあり、それを懸念して配合していないのかもしれません。

    ただ、グリセリンはしっとり感が高く、ジオール系だけでは少し保湿感に物足らなさを感じる可能性もあります。

    しっとりとさっぱりで言うと、さっぱり系のローションに仕上がっていると考えられます。

    この辺りは、実際に触ってみてその感触を確かめてみたいと思います。

    memo

    ジオール系の保湿剤がメインで、保湿感はさっぱりとしていると思われる。

    成分解析まとめ

    タイムシークレット ミネラル 薬用ローションの成分解析をした結果、以下の結論となりました。

    成分解析まとめ
  • ナイアシンアミドとグリチルリチン酸ジカリウムの有効成分で、幅広い肌悩みに対応できる。
  • 水に溶けるオイルCHDが美容成分の浸透を促す。
  • 保湿剤はグリセリンが配合されておらず、さっぱり系で構成されている。
  • 主役の有効成分で、シワ改善、美白、肌荒れケアができ、さらにCHDが美容成分の浸透を促すため、効果の期待感が高い組み合わせになっています。

    保湿剤がさっぱりめなので、保湿力という観点では若干控えめに感じました。

    kazunari
    kazunari

    べたつきなどが気になりやすい方は、逆に適度な保湿感になるかもしれません。

    タイムシークレット ミネラル 薬用ローションの使用感レビュー

    コットンで使い始め

    では、実際の使用感はどんな感じか見てみましょう。

    まずは手で直接触ってみて、ローションの性状を見てみます。

    薬用ローションを手で触る

    粘度はほとんど感じず、しゃばしゃばでさっぱりとした感触です。

    増粘剤としてキサンタンガムが配合されていますが、ほんの少しの粘性を付与しているようです。

    薬用ローションパッティング始め

    では、コットンでパッティングして、使用感を見てみます。

    パッティング時はさっぱりとした感触で、心地よく使えました。

    薬用ローションパッティング

    なじませていくと、徐々に保湿剤由来と思われる、しっとりとした残り感が現れてきます。

    このしっとり感が予想以上に強く感じられました。

    成分解析では、保湿剤がジオール系でさっぱりめな感触だと予想しました。

    しかし、実際に使ってみるとそんなことはなく、どちらかというとしっとり系な仕上がりになりました。

    おそらく、ジオール系の保湿剤がかなり多く配合されていると思います。

    薬用ローションなじみ後

    ただ、その割にはべたつきがそこまで感じられませんでした。

    このことから、水に溶けるオイルCHDがバランスよく配合され、ジオール系保湿剤のべたつきを軽減していると考えられました。

    kazunari
    kazunari

    予想に反してかなりしっとりとした仕上がりで、保湿力は高く感じられました。

    memo

    ・ジオール系保湿剤の感触が特徴的。
    ・かなりしっとりするが、意外とべたつきは抑えられている。

    総合評価

    レビューイメージ
    著作者:upklyak/出典:Freepik

    タイムシークレット ミネラル 薬用ローションの成分解析と使用レビューをしてみました。

    ナイアシンアミドグリチルリチン酸ジカリウムで、シワ改善、美白、肌荒れケアができる点が最大の特長と言えます。

    そして、CHD(シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコールが、浸透促進や感触向上の目的で配合されているようでした。

    実際の使用感としては、さっぱりとした軽い感触ではありますが、使用後の仕上がりは思った以上にしっとり感が強く出ていました。

    成分だけで見ると、若い方や男性に好まれる化粧水に見えますが、このしっとり感はもう少し上の年代の方にも適していると感じました。

    ただ、冬場などはすべての方に保湿をしっかりしていただきたいので、以下のような方におススメしたいです。

    ミネラル 薬用ローションをおススメしたい方
  • 春夏は美白やシワ改善だけでなく、保湿もしっかりしたい30代以降の女性
  • 乾燥する秋冬は、シワや肌荒れに悩む全ての方
  • ナイアシンアミドとグリチルリチン酸ジカリウムを有効成分としながら、2,000円以下で購入できるので、気軽に試してみて欲しいです。

    そのほかのスキンケアアイテムもレビューしています。
    この「【元化粧品開発者視点】いろんなプチプラ基礎化粧品を解析、レビューしてみた」も是非ご覧ください。

    いろいろな化粧品に興味があれば、美容モニターもおすすめ

    副業イメージ

    化粧品が好きだったり、美容全般に関心がある方には美容モニターもおすすめです。

    美容モニターとは?

    ・化粧品やエステ、サプリメントなどを試して、アンケート回答するお仕事。
    ・アンケート回答で謝礼を受け取れる。

    モニター会社に登録しておけば、エステの施術や化粧品のお試しなど、美容関連の案件の依頼が来ます。

    これらの案件をお試しして、アンケートに回答すれば、謝礼が受け取れます。

    謝礼は1,000円から4,000円ほどなので、ちょっとしたお小遣い稼ぎにちょうどいいですね。

    モニター案件
    引用元:ヴィーナスウォーカー
    kazunari
    kazunari

    在宅でできるので、空いた時間など自分の好きな時にできるもの大きなメリットです。

    もう少しだけ収入を増やしたい美容関連のお試しをいろいろしてみたい、という方にピッタリな仕事ではないでしょうか。

    モニターの登録は無料でできるので、少しでも興味があればとりあえず登録してみてはいかがでしょうか。

    無料でモニター登録してみる。-ヴィーナスウォーカー-

    タイトルとURLをコピーしました