【もう迷わない!!】複雑なディーガの品番の見分け方、お伝えします。

ディーガの品番アイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

こんな疑問を解決します!
  • どうやってディーガのスペックは比較したらいいの?
  • ディーガの品番ってどう見ればいいの?
  • 品番の持つ意味って何?
  • 最近のレコーダーはスマホとの連携機能が非常に便利になっています。

    その中でもPanasonicのディーガは連携するスマホアプリが使いやすく、レコーダーの中では頭一つ抜けていると私は思っています。

    しかも、これまでアプリでの倍速再生が有料サービスでしたが、2022年の9月から、無料で利用できるようになり、さらにディーガの優位性が高まってきました。

    レコーダーを検討される場合は、ぜひディーガをおすすめします。

    しかし、ディーガのラインナップを見てみると、最新モデルだけでも結構種類があります。

    ディーガラインアップ

    引用元:Panasonic HP

    ここにさらに旧モデルが加わってきます。

    これだけ種類があると、スペックの比較や、品番を覚えるのもが大変になってきます。

    ただ、実はディーガの品番は重要なスペックの情報で構成されているのです。

    ですので、ディーガの品番の公式を理解すると、自然とスペックの比較や、品番を覚えることが簡単になります。

    そこで、今回はその品番の読み解き方をお伝えしたいと思います。

    ぜひ最後までご覧ください。

    他記事で全自動ディーガに関してのレビューもまとめています。

    全自動ディーガのレビューに関して詳しくは、
    この「【レビュー】全自動ディーガは「スマホ連携」と「全録」が最強機能だった!」 も是非ご覧ください。

    品番の意味と見分け方

    著作者:macrovector/出典:Freepik

    冒頭でもお伝えしましたが、ディーガの品番はいくつかの重要なスペックで表されています。

    ですので、ディーガを選ぶときに知っていると非常に役に立ちます。

    そこで、DMR-4X602を例に、品番の見分け方を下の図にまとめました。

    ディーガ品番構成

    ディーガの番はすべてDMRーから始まります。

    そして、そのあとの英数字に以下の情報が含まれています。

    1. 4K放送情報
    2. 搭載チューナー情報
    3. HDD容量情報
    4. 世代情報

    どれもレコーダーにとっては重要なスペック情報ですね。

    kazunari
    kazunari

    品番を理解していると、これを見るだけでおおよそのスペックが分かるので、ディーガ選びには非常に助かりますよね?

    次に、それぞれについて詳しくお伝えしていきます。

    4K放送情報

    最初の数字は4Kの放送に対応しているかを示しています。

    DMR-4X602を例にすると、DMR-の後の最初の4のことです。

    memo

    4が付いていれば、4K対応。2は非対応。

    非常に分かりやすいですね。

    搭載チューナー情報

    次の英字はチューナー情報です。

    DMR-4X602を例にすると、Xのことです。

    このチューナー情報は若干複雑です。

    Xはチャンネル録画対応チューナーが搭載されているため、全自動ディーガであることが分かります。

    それ以外の英字の場合は、チューナー数を示しています。

    memo

    Xは全自動ディーガを表す。T,W,Sはそれ以外のディーガ。

    Tはトリプルで3、Wはダブルで2、Sはシングルで1を意味します。

    ただ、ちょっと複雑なのが、4K対応かそうでないかで、このチューナー数の意味が異なります。

    4K対応機種の場合は、4Kチューナーの数を示します。

    例えば、DMR-4W202の場合、4Kチューナーが2つ搭載されていることが分かります。

    しかし、それ以外のチューナーを合わせると総チューナー数は3になりますが、これは考慮されていません。

    一方で、4Kに非対応の機種の場合は、総チューナー数を示します。

    例えば、DMR-2W201の場合、4K非対応なので、総チューナー数が2つであることを示しています。

    ですので、DMR-4W202とDMR-2W201では、Wの意味がちょっと違います。

    kazunari
    kazunari

    4K対応かどうかを念頭に入れて、この英字は読み解く必要あるので、少し複雑ですね。

    HDD容量情報

    英字の後の数字は、HDD容量を示します。

    DMR-4X602を例にすると、Xの後の60ですね。

    この数字を100GBで乗する(掛け算する)と、HDDの容量となります。

    memo

    英字後の数字×100GB=HDD容量

    100であれば、100×100GB=10,000GB=10TB。

    20であれば、20×100GB=2,000GB=2TBですね。

    こちらは単純な仕組みですね。

    世代情報

    品番の最後の数字は、世代情報を示します。

    DMR-4X602を例にすると、最後の2ですね。

    同スペックの機種がリニューアルされると、この数字が増えていきます。

    memo

    最後の数字が大きいほど、新しい世代のディーガになる。

    例えば、DMR-4W102の1世代前の機種は、DMR-4W101になります。

    最後の数字が1つ増えていますね。

    しかし、DMR-4X602の場合、1世代前の機種はDMR-600になります。

    2つ増えていますね。

    このように機種によって、増え方が違うことがあるので、少し注意が必要です。

    この理由は不明ですが、とりあえず前の世代の機種を見たければ、最後の数字を小さくして調べればOKです。

    Panasonicのよくあるご質問にも各年度ごとの品番がまとめてありますので、こちらもご参照ください。

    よくあるご質問-各年度ごとのディーガの品番が知りたい-

    かなりの機種数がありますが、2020年モデルくらいから、現在のルールになってきているのが分かります。

    Amazonでディーガを探す。

    楽天市場でディーガを探す。

    Cの表記について

    疑問のイメージ
    著作者:tartila/出典:Freepik

    少し前の機種にはCが記載されているものと、そうでないものがあります。

    DMR-4CW400とDMR-4W400が例に挙げられます。

    これらは違う機種でしょうか?

    実際には、これは機種のスペックとしての違いはありません。

    単純に流通経路の違いを示しているようです。

    memo
    Cあり:家電量販店向け
    Cなし:ネット通販向け

    ということで、消費者視点ではCの表記に関しては全く気にする必要はありません。

    Amazonでディーガを探す。

    楽天市場でディーガを探す。

    まとめ

    ディーガの品番の見方について、まとめてみました。

    品番の表記ルールを理解しておくと、ディーガを選ぶのが非常に楽になります。

    ぜひ、この記事を参考にディーガのラインナップを眺めてみてください。

    機能の違いが一目瞭然ですよ。

    Amazonでディーガを探す。

    楽天市場でディーガを探す。

    この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

    タイトルとURLをコピーしました