【洗い方解説】メルカリの中古スタンスミスを洗って甦らせてみた!!

スタンスミス洗浄アイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

皆さんは中古スニーカーを買ったりしますか?

お値打ちに欲しいものが手に入る反面、靴は前の方の使用感が残っているのがネックです。

前の人が履いたスニーカーを履くのは、ちょっと抵抗感があります。

ですが、やっぱり中古のお値打ち感も捨てがたいです。

だったら中古を買って洗えばいいじゃないか、と思いませんか??

私はスタンスミスでこの戦法を試してみました。

スタンスミスにはちょっとした憧れがあったのですが、微妙に高くて買うか悩んでいました。

ですが、メルカリで探してみると、定価の半額以下の出品がいくらでもありました。

中にはそれなりにきれいな状態のものもチラホラ見られます。

kazunari
kazunari

メルカリで安く買って、しっかり洗えば十分使えるんじゃね?

と思えてきました。

実際、ちゃんと洗ってみるとかなりきれいにできました!!

そこで今回実践した方法を、詳しくお伝えしたいと思います。

お得に欲しいスニーカーを手に入れるにはおすすめの方法ですので、ぜひ最後までご覧ください。

メルカリでのスタンスミスの探し方に関して詳しくは、
この「【どこで買う?】メルカリで王道スニーカー「スタンスミス」をお得にゲットしてみた。」も是非ご覧ください。

購入したスタンスミス

購入したスタンスミス

こちらがメルカリで購入したスタンスミスです。

品番はS75076で、珍しいブラックカラーのスタンスミスです。

定価およそ15,000円のところ、5,000円で購入できました。

横から見た洗浄前

中古感はそれなりにあって、しっかりと使用感はあります。

ほどほどの汚れで、それなりに安い、良いバランスのものを探しました。

kazunari
kazunari

このスタンスミスを、できるだけ他人の使用感を消せるように頑張りました。

洗うために準備したもの

スタンスミスを洗うために、以下のものを準備しました。

  1. 靴用ブラシ
  2. スニーカー用スポンジ
  3. 洗濯洗剤
  4. キッチンペーパー
  5. ワイドハイター
洗浄道具

なるべく安く済ませたいので、靴用ブラシとスニーカー用スポンジは100均で購入しました。

あとは、家にあったものをそのまま使いました。

靴洗いで定番なのは、ジェイソンマークのシューケアキットみたいですね。

必要な物がキットになっているので、ラクですし、汚れ落ちもかなりいいみたいです。

汚れ落ちにこだわりたい方は、こちらも参考にしてみてください。

スタンススミスを洗ってみた

洗濯イメージ

洗う工程は大きく分けると以下の通りです。

  1. 靴ひもを外す
  2. アッパーの洗浄
  3. ソールの洗浄
  4. 靴ひもの洗浄

各工程ごとに詳しくお伝えします。

靴ひもを外す

靴ひもを外したスタンスミス

まずは靴ひもを外します。

シュータンの汚さが際立ちます。

靴ひもの通し方が不安な方は、外す前に写真を撮っておくことをお勧めします。

靴ひもの汚れ

靴ひもは相当汚かったです。

kazunari
kazunari

洗いがいのある汚れっぷりですね。

アッパーの洗浄

ホコリ落とし

まずは、アッパーから洗っていきます。

水や洗剤を使う前に、ブラシを使って全体のホコリなどを落としておきます。

洗浄用具

アッパーの洗浄には、洗濯洗剤とブラシとぬるま湯を使います。

ブラシを水になじませ

ブラシを水に浸して、毛を水になじませます。

ブラシが水浸しにならないように、適度に水気を切ります。

洗剤をブラシに適用

ブラシに洗剤を垂らします。

スタンスミスをブラシで洗浄

あとは、ひたすらアッパー全体をブラシで洗っていきます。

コツとしては、強くゴシゴシと洗うのではなく、優しく細かく小刻みにこする方がきれいに落ちます。

kazunari
kazunari

強く洗うと毛先が寝てしまい、洗浄効果がしっかり出ません。

内側の洗浄

もちろん内側も洗っていきます。

革の部分はブラシの届く限りは、すべて洗いました。

ふき取り

洗ったら、キッチンペーパーやぼろ布などで拭き取ります。

スタンスミス洗浄前後

片方洗い終えた時点で、見比べてみました。

結構汚れが落ちているのが分かります。

ソールの洗浄

アッパーの洗浄が終わったら、ソールに移ります。

ダイソーで購入したスポンジに水を含ませておきます。

不織布側で洗浄

まずは不織布側でざっくりと汚れを落としていきます。

メラミンスポンジで洗浄

そのあとにメラミンスポンジ側でしっかりとこすっていきます。

ソールの比較

これも片方洗い終えた時点で見比べてみました。

かなりきれいになりました。

kazunari
kazunari

ソール全体のトーンが明るくなったのが分かります。

靴ひもの洗浄

靴ひも洗い

靴ひもはまず、洗剤とブラシで根気よく洗っていきます。

裏表があって、結構めんどくさかったです。

洗剤の浸け置き

ブラシで洗浄した後、さらに浸け置き洗いします。

まず、ぬるま湯に洗濯洗剤を入れます。

ハイター浸け置き

そこにさらにハイターを入れて、30ほど浸け置きしておきました。

ひもの洗浄後

すすいで乾燥すれば、出来上がりです。

靴ひもの汚れはしぶとかったです。

そこまで綺麗にできませんでした。

kazunari
kazunari

汚れの度合いによっては、靴ひもは交換してもいいですね。

インソールの交換

インソールは交換しました。

最初インソールは洗うつもりでした。

ですが、このスタンスミスはインソールを外せないタイプでした。

インソールは前の人の使用感がかなり残る部分なので、そのまま使い続けるのは抵抗感があります。

そのため、交換することとしました。

購入したインソール

インソール

インソールはニューバランスのRCP-130にしてみました。

リーズナブルで、オーソドックスなインソールらしいので、特に迷わずこちらにしました。

kazunari
kazunari

王道を選んでおけば問題ないでしょ、って感じですね。

インソールを剥がす

まずは、くっついているインソールを剥がします。

インソール剥がし

インソールはドライヤーで温めると、粘着力が弱くなります。

ある程度温まると、剥がれやすくなってきます。

ただし、ずっとやっていると手が熱くなるので、注意が必要です。

kazunari
kazunari

火傷に気をつけてください。

剥がした後

上手く剥がせました。

結構年季の入ったインソールでした。

剥がすのは、特に難しいことはありませんでした。

剥がしたインソールは新しいインソールの型紙の役割になるので、捨てないでください。

新しいインソールの装着

インソール比較

新しいインソールは元のより大きく、厚みもあります。

そのままでは装着できないので、カットします。

インソール固定

元のインソールを型にして、カットしていきます。

クリップで固定してみました。

インソールのカット

土踏まずの内側の曲線ラインのカットがちょっと難しかったです。

そして、厚みがある分、同じサイズでカットしても少し大きくなってしまいます。

ですので、装着しては少しカットして、を繰り返して調整していきました。

インソール装着

何度か微調整して、こんな感じにできました。

白のスニーカーに濃いグレーのインソールがカッコいいです。

出来栄え

スタンスミス本体と靴ひもを洗い、インソールも交換したら後は靴ひもを通すだけです。

洗浄前後で比較してみました。

スタンスミス洗浄前後

いかがでしょうか。

お風呂場で撮ってしまったせいか、少し違いが分かりにくいですが、かなりきれいになったと思います。

スタンスミス洗浄後

外で撮影してみました。

kazunari
kazunari

結構きれいじゃないですか?

洗浄後スタンスミス後ろ

後ろから見るとこんな感じです。

新品同様にはさすがになりませんが、全体的にかなりきれいにできました。

他の人が履いていた形跡はかなり消せました。

kazunari
kazunari

他人の中古品を履く抵抗感は完全に消すことができました。

もう完全に自分のものだ、という感覚になりました。

スタンスミスに防水スプレー

ついでに防水スプレーをしておきました。

白いスニーカーなので、汚れ対策は大切ですね。

防水スプレー

Amazonで安いけど、評判のやつを買ってみました。

よければ使ってみてください。

近与(KONYO)
¥533 (2022/10/15 19:35時点 | Amazon調べ)

スタンススミスを洗ってみた感想

中古のスタンスミスを買って洗ってみて、振り返りをしてみます。

良かった点

良かった点は以下の通りです。

良かった点

・洗う作業自体を楽しめた。
・愛着が増した。
・スタンスミスがお得に手に入った。

洗う作業自体を楽しめた

思った以上に洗うのが楽しかったです。

洗う前はどこまで汚れが落ちるか、ちょっと疑っていました。

ですが、実際洗ってみると思った以上にしっかりと汚れが落ちてくれました。

どんどんきれいになっていくのを見ると、快感を得られます。

愛着が増した

丁寧に洗っていくと、自然とスタンスミスへの愛着が増してきます。

kazunari
kazunari

これは新品を購入した場合の愛着とは、ちょっと違う気がします。

きれいになっていく過程で、他人のスニーカーだったのが、自分のものになっていく感じです。

自分にとって特別な一足になりました。

スタンスミスがお得に手に入った

結果として、定価の半額以下で結構きれいなスタンスミスが手に入りました。

それでいてスタンスミスへの愛着が半端ないです。

なるべくお値打ちに手に入れたい方へは、

中古を買う→洗ってきれいにする

というのは、非常ににオススメは方法だと感じました。

反省点

一方で、反省点もありました。

反省点

・洗濯洗剤は取り扱いが難しい。
・靴ひもは買っても良かった。

洗濯洗剤は取り扱いが難しい

今回は液状の洗濯洗剤を使ってみました。

汚れは落ちましたが、最適な濃度が良く分からなかったです。

最初の片方は原液で使い、もう片方は薄めて使ってみました。

しっかりと汚れは落ちましたが、結局どちらも洗濯洗剤特有の香りが付いてしまいました。

もっと薄めて使っても良かったかもしれません。

kazunari
kazunari

この辺りの加減はかなり難しさを感じました。

迷うくらいなら、市販のキットを買っても良かったなとも思いました。

靴ひもは買っても良かった

靴ひもは買えば良かったと強く思いました。

靴ひもは洗うのが大変なくせに、汚れは落ちにくかったです。

だったら交換したほうが圧倒的にラクです。

価格も数百円程度とお手軽ながら、得られるメリットは大きいです。

new balance(ニューバランス)
¥240 (2022/10/15 21:46時点 | Amazon調べ)

まとめ

今回、中古のスタンスミスを可能な限りきれいにしてみました。

結果として、思った以上にきれいになり、愛着も強く湧きました。

しかも、定価の半額以下に収まったので、大満足な結果となりました。

ぜひ、これまで新品しか見てこなかった方も一度、中古品に目を向けてみてはいかがでしょうか。

もしこれからメルカリを始めてみようと思った方は、招待コードの利用をお勧めします。

招待コードを使って始めると、500円相当のポイントをもらえます。

誰からの招待でも構わないので、良ければ私の招待コードを利用してください。

私の招待コードは「YEDACU」です。

気軽に始めてみてください。

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました