【元化粧品開発者が解説】”パラベンフリー”は本当に肌に優しいの??

※記事内にPR、プロモーションが含まれています。

パラベンアイキャッチ
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

某化粧品メーカーでスキンケア化粧品の開発をしていました。

肌へのやさしさをウリにしている化粧品などで、よく”パラベンフリー“や”ノンパラベン“という単語を見かけます。

そのため、パラベンは肌に良くないと思われる方も多いかと思います。

ですが、実際は”パラベンフリーは肌に優しい”とは言い切れないのです。

そこで今回はパラベンやパラベンフリーについて、元化粧品開発者の立場からお伝えしたいと思います。

この記事でパラベンについて正しい知識が得られるようになります。

ぜひ最後までご覧下さい。

パラベンとは

粉

パラベンは正式には”パラオキシ安息香酸エステル“という名前で、別名”パラオキシベンゾエート“なので、略してパラベンと呼ばれます。

防腐目的で多くの化粧品に配合されています。

kazunari
kazunari

化粧品は微生物が喜ぶ水分や栄養を沢山含んでいて腐りやすいので、何かしらの方法で防腐が必要になります。

少量で多くの微生物などに効果を示す(抗菌スペクトルが広い)ので、最も使われている防腐剤と言っても過言ではありません。

ちなみにパラベンは総称なので、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンと様々な種類があります。

kazunari
kazunari

メチルパラベンが最もメジャーなパラベンで、パラベンフリーでない場合はほぼすべてのアイテムに配合していました。

memo

パラベンは化粧品界で超メジャーな防腐剤。

パラベンは安全性の高い成分

調査イメージ

パラベンは防腐剤として非常に重要な成分ですが、”パラベンフリー“という単語を見ると危険な成分と思われる方もいるかもしれません。

ですが、パラベンは基本的に安全性が高い成分だと言われています。

大まかな理由は以下の3点です。

パラベンが安全だと考えられる理由
  • 様々な試験が実施され、パラベンの安全性を示す知見が多くある。
  • 少量で十分な防腐効果があるので、他の防腐剤と比べて低濃度で使用される。
  • 昔からの使用実績が豊富にある。
  • このようにパラベンに関しては安全性の知見が多く、実績もバッチリなので、基本的に安全な成分と考えて問題ありません。

    kazunari
    kazunari

    大きなトラブルもなく、長い間ポピュラーな防腐剤として汎用されてきました。

    memo

    パラベンは使用実績も十分あり、安全性の高い成分と考えられている。

    パラベンフリーはどうしてあるのか

    化粧品と医薬部外品イメージ

    基本的に安全であると考えられているのに、なぜパラベンは悪者にされ、パラベンフリーというものがあるのでしょうか。

    その大きな理由としては2つが考えられています。

    パラベンが悪者にされる理由
  • 昔の化粧品ルールで、指定表示成分になっていた。
  • パラベンが環境ホルモンだと疑われていた。
  • 昔の化粧品のルールでは、特定の成分は

    「体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分」

    として、成分の配合を表示しなければいけませんでした。

    この特定の成分を”指定表示成分“と言っています。

    kazunari
    kazunari

    今はこのルールはなくなり、すべての成分を表示する”全成分表示”のルールになっています。

    そして、当時の指定表示成分にパラベンが含まれていました。

    ですが、現在はパラベンの安全性に関する知見も十分あるため、指定表示成分の懸念も払しょくされています。

    また、昔はパラベンが”環境ホルモン“であると疑われていたこともありました。

    環境ホルモンとは体内で、本体のホルモンの働きを乱して悪影響を及ぼす物質のことを指します。

    環境ホルモンが話題となった時に、パラベンもその一種として疑われました。

    ですが、環境ホルモンとしてパラベンが人体に悪影響を及ぼす報告は今のところありません。

    このように、昔はパラベンの安全性に関して懸念されていたこともありました。

    そして、この懸念に対応するため、化粧品メーカーがパラベンフリーの化粧品を販売し始め、それがパラベンを悪者にする風潮に拍車をかけたと考えられています。

    kazunari
    kazunari

    パラベンは何となく肌に悪そう、というイメージだけが世間に広まってしまったようです。

    memo

    過去の懸念からパラベンフリーが売り出され、今もパラベンは良くないイメージが残っている。

    パラベンフリーが良いとは限らない

    保湿イメージ

    パラベンは基本的に安全と考えられますが、アレルギー反応などの肌リスクは存在します。

    kazunari
    kazunari

    パラベンだけでなく、ほとんどの化粧品成分は少なからず肌へのリスクはあります。

    そのため、「とりあえずパラベンフリーを選んでおけば肌に優しいケアができる」と思われるかもしれません。

    ですが、実はパラベンフリーのアイテムが肌に優しいとは言えず、むしろ肌へのリスクが高いこともあり得ます。

    なぜならば、パラベンフリーの場合、パラベンの代わりの防腐剤がより高濃度で配合されること多いからです

    フェノキシエタノール

    例えば、パラベンの代わりとしてよく使われるフェノキシエタノールはパラベンよりも防腐力が弱いため、より高濃度で配合しなくてはいけません。

    防腐剤の濃度が高ければ、その分肌へのリスクは当然高まります。

    さらにフェノキシエタノールだけで防腐効果が十分でない場合、そこに他の防腐剤や防腐力のある保湿剤も多く配合されることもあります。

    kazunari
    kazunari

    パラベンでは少量で済むのに、パラベンフリーにするために色々な防腐成分を配合しないと、防腐力試験に合格できず苦労しました。

    このように、パラベンフリーとして売り出すために、逆にパラベン以上に防腐剤を配合され、肌リスクを高めることがあります。

    以上の理由から、パラベンフリーのアイテムがむしろ肌へのリスクが高いこともあり得ると言えるのです。

    memo

    パラベンフリーには他の防腐剤が配合され、パラベン以上に肌リスクが高い場合もある。

    結論:基本的にはパラベン配合アイテムでOK

    オススメイメージ
    著作者:jcomp/出典:Freepik

    結論としてはこれまでお伝えした通り、

    パラベンは安全性が高いと考えられる

    パラベンフリーのアイテムは他の防腐剤が多い懸念がある

    という理由から、基本的にパラベン配合アイテムを選べば問題ないと考えます。

    ただし、当然ながら安全性に関しては個人差もあります。

    kazunari
    kazunari

    パラベンだけ特異的に肌が反応してしまうこともあり得ます。

    そのため、パラベン配合でやたらとピリピリ感を感じたり、肌荒れするようであれば、パラベンフリーも検討すべきです。

    ですが、その場合も自分で判断するのではなく、皮膚科で相談することをお勧めします。

    kazunari
    kazunari

    下手に自分だけで対処しようとすると、逆に症状を悪化させる恐れがあります。

    肌を健やかな肌を保つための化粧品が、逆に肌状態を悪くしてしまわないように、賢いアイテム選びをしていただきたいと思います。

    この記事が皆さんの化粧品選びの参考になれば幸いです。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    いろいろな化粧品に興味があれば、美容モニターもおすすめ

    副業イメージ

    化粧品が好きだったり、美容全般に関心がある方には美容モニターもおすすめです。

    美容モニターとは?

    ・化粧品やエステ、サプリメントなどを試して、アンケート回答するお仕事。
    ・アンケート回答で謝礼を受け取れる。

    モニター会社に登録しておけば、エステの施術や化粧品のお試しなど、美容関連の案件の依頼が来ます。

    これらの案件をお試しして、アンケートに回答すれば、謝礼が受け取れます。

    謝礼は1,000円から4,000円ほどなので、ちょっとしたお小遣い稼ぎにちょうどいいですね。

    モニター案件
    引用元:ヴィーナスウォーカー
    kazunari
    kazunari

    在宅でできるので、空いた時間など自分の好きな時にできるもの大きなメリットです。

    もう少しだけ収入を増やしたい美容関連のお試しをいろいろしてみたい、という方にピッタリな仕事ではないでしょうか。

    モニターの登録は無料でできるので、少しでも興味があればとりあえず登録してみてはいかがでしょうか。

    無料でモニター登録してみる。-ヴィーナスウォーカー-

    タイトルとURLをコピーしました