【写真で解説】初代iPhone SEバッテリーを自分で替えてみた話

eyecatch_smartphone
kazunari
kazunari

こんにちは。kazunariです。

本日は、iPhone SEのバッテリーを自分で替えてみたので、これから同じように自分でやってみようという方に向けて気を付けるポイント等をお伝えしたいと思います。

私はまだ初代iPhone SEを使っています。もう3年以上使っていて、そろそろバッテリーがしんどくなってきました。最近のiPnoneは私には高価すぎるので、バッテリー交換でもう数年は頑張ってもらう事にしました。

この記事は次のような方におススメ
  • 初代iPhone SEのバッテリー交換を自分でしたい方
  • まだ初代iPhone SEを使い続けたい方
  • 購入したバッテリー

    今回購入したバッテリーはAmazonで購入しました。

    工具類もすべて入っていて2,000円前後で購入可能なので安いです。アップルストアでの交換だと5,400円なので、結構お得です。

    バッテリー容量が多めのものも売っていましたが、ちょっと怖いので控えめにしておきました。

    交換する前に

    自分でバッテリー交換をすると保証の対象外になるので注意しましょう。

    また、もしもの時の為にバックアップは必ず取っておきましょう。

    さらにもしもの時のために、SIMカードは抜いておきましょう。

    交換手順

    kazunari
    kazunari

    では、交換していきましょう。

    parts
    開封!

    さあやるか!と思ったら説明書がありません。箱の中やAmazonのページをいくら探しても見つからないので、下の記事を参考にしました。

    iPhone SEのバッテリーの交換
    iPhone SEのバッテリーを交換します。iFixitで修理に必要なパーツ、ツール、修理用ガイドが全て揃います。

    フロントパネルを外す

    フロントパネルを外すために、lightningコネクタ横のネジを2本外し、吸盤を付けます。

    screwing_3
    iphone_SE

    吸盤を引っ張りながら、隙間にプラスチック材を挟み込みスライドさせていくと、フロントパネルが離れていきます。

    opening_the_iphone_1
    opening_the_iphone_2

    ある程度隙間ができたら、ピックみたいなプラ材で隙間を全体に広げると、パカっと取れます。
    まだ、パネルとボディは完全に分離できないので、無理に引き離そうとしないで下さい。

    opening_the_iphone_3
    opening_the_iphone_4

    内部パーツの取り外し

    パネルを開けると赤丸で囲ったTouch IDのケーブルが繋がっていますので、右写真の小さな金属パーツをピンセットで外します。

    getting_rid_of_touch_id_1
    getting_rid_of_touch_id_1

    このパーツよく見ると対称ではないので、どの向きで付いていたか覚えておいたほうが安心です。

    parts_1
    parts_2

    次に、バッテリーの接続部を外します。小さいネジを二つ外すと、カバーが取れ、接続部が露わになります。

    getting_rid_of_parts
    picture_of_connection

    接続部はピンセットで簡単に取れます。次に、参考記事ではフロントパネルを完全にボディから分離させるために、赤丸で囲ったパーツを取り外していますが、私はめんどくさいので、パネルとボディが上部で繋がったまま、先に進みました。

    removing_parts
    other_parts

    バッテリーの取り外し

    ではバッテリーを外していきます。バッテリー下部の接着タブを写真のように引っ張りだします。ちらっと見える白いものが、バッテリーを接着しているテープです。

    removing_tape_1
    removing_tape_2

    少し見づらいですが、取りやすいように、ハサミで真ん中を切りました。そして、一枚づつ引き抜いていきます。引き抜く前に、少しボディを温めておいたほうがいいです。テープが固くなり、引き抜きにくくなり、最悪の場合、、、

    removing_tape_3
    removing_tape_4

    こうなります。この作業時は冬だったのですが、温めをサボったせいで、ちぎれてしまいました。リカバリーがめちゃくちゃ大変だったので、めんどくさがらずにドライヤーの弱風等で優しく温めてください。

    fault_parts

    うまくいくとこんな感じです。にゅーっと伸びて、するするっと抜けていきます。

    removing_tape_5
    removed_tape
    blank_battery

    めちゃくちゃ大変でしたが、無事2枚ともテープを引き抜くことができ、古いバッテリーを外せました。

    新しいバッテリーの搭載

    いよいよ新しいバッテリーの搭載です。
    テープの接着面を片面だけ出し、バッテリーに貼り付けます。
    当たり前ですが、上下、前後で貼る場所や向きを間違えないように注意しましょう。また、テープ内に気泡が入らないようにします。

    new_tape
    new_battery_on_the_tape

    ちょっとはみ出ているところを折り返して、バッテリー背面の接着面も露わにします。

    applying_tape_1
    applying_tape_2

    バッテリーの膨張を考慮して、周囲に隙間ができるようにバッテリーを入れ、接続部を繋ぎます。

    put_on_the_battery
    connection

    分解時の工程を遡るように、ネジを止め、Touch IDのケーブルを繋げ、カバーします。
    と、簡単に記載しましたが、ここが最大の難所でした。Touch IDのコネクタがなかなかうまくはまらず、はまってもカバーしようとすると外れてしまい、という事を延々と繰り返していました。

    screwing
    conect_touch_id

    難所を超えたら、忘れずにネジ止めをして終了です。バッテリーの最大容量はバッチリ100%になりました。

    screwing_2
    battery_performance

    やり終えて

    やってみて、思ったのは

    kazunari
    kazunari

    苦労の割に、たいしてお得じゃないのかも・・・

    という感じです。
    極小ネジを紛失したり、バッテリーの粘着テープがちぎれたり、Touch IDのコネクタがうまくはまらなかったり、と結構苦労しました。

    私が不器用なのもあるのですが、これなら町の業者さんにもう少し高い金額でもパパっとやってもらうのも全然アリかなと思いました。

    でも、自分でバッテリー交換したiPhoneはより愛着が湧くような気もするので、単純にこの様な作業を楽しみたいという方にはいいのではないでしょうか。

    という事で今回は初代iPhone SEのバッテリー交換についてお話しました。

    最後までお読みいただきありがとうございました。

    タイトルとURLをコピーしました